このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000104119
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000007101
事例作成日
(Creation date)
2012/02/22登録日時
(Registration date)
2012年03月22日 02時01分更新日時
(Last update)
2012年04月20日 10時41分
質問
(Question)
菅原道真が5歳のときに詠んだという和歌についてわかる資料はあるか。
回答
(Answer)
『天神さまの起源』(勉誠出版)に、幼少時に詠んだ和歌として「美しや紅の色なる梅の花あこが顔にもつけたくぞある」が載っている。また『物語と史蹟をたずねて 菅原道真』(成美堂出版)には、伝説として5歳の時に上記の和歌を詠んだという逸話が載っている。
回答プロセス
(Answering process)
菅原道真の和歌についてお調べとのことで、『和歌大事典』(明治書院)で「みちざね」を見る。古今集以下の勅撰集に34首入集しているとのこと。また『日本古典文学大辞典 第三巻 さ-せ』(岩波書店)で「すがわらのみちざね」を見る。勅撰集のほか、『大鏡』等に20首ほどが入っているとあり。

レファレンス協同データベースで「道真 和歌」を検索すると、成田市立図書館の事例 http://crd.ndl.go.jp/GENERAL/servlet/detail.reference?id=1000089843  がヒット。『新日本古典文学大系別巻 八代集総索引』(岩波書店)によると、道真の和歌は古今集、新古今集、後撰和歌集、拾遺集に入集があることが判明する。それぞれの内容を確認するが、該当の和歌は判明せず。また『大鏡』での道真の描写は失脚時の状況に限られ、幼少時の描写はない。

キーワード「菅原道真」で所蔵資料を検索し、書架に『天神さまの起源』(勉誠出版)があったため内容を確認すると、「今日の北野天満宮」の項のp60に、幼少の頃に道真が詠んだ歌として「美しや紅の色なる梅の花あこが顔にもつけたくぞある」が挙がっていた。
また『物語と史蹟をたずねて 菅原道真』(成美堂出版)p19「早熟の詩人」の項に、確かな資料に記録はないが、5歳のときに道真が上記の和歌を詠んだという逸話があるという記載があった。

なお、『日本逸話大事典』(東方出版)『日本奇談逸話伝説大事典』(勉誠社)で「菅原道真」を見たが、該当の逸話はなかった。また『人物叢書 菅原道真』(吉川弘文館)にも、道真が幼時に詠んだ和歌についての記載はなかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『和歌大辞典』犬養 廉/[ほか]編集(明治書院)
『日本古典文学大辞典第3巻』日本古典文学大辞典編集委員会/編(岩波書店)
『天神さまの起源』田中 隆昭/監修(勉誠出版)
『菅原道真』嶋岡 晨/著(成美堂出版)
キーワード
(Keywords)
菅原道真(スガワラノミチザネ)
和歌
伝説
逸話
文学
平安時代
歴史
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000104119解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!