このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000104101
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000007262
事例作成日
(Creation date)
2012/03/06登録日時
(Registration date)
2012年03月22日 02時01分更新日時
(Last update)
2012年04月20日 10時44分
質問
(Question)
官公庁・独立行政法人等の正式名称と、その英訳が一覧で見られる資料はあるか。
回答
(Answer)
電子政府の総合窓口e-govより、「各府省・独立行政法人等のホームページ」と「Index of Japan's Government Ministries And Agencies」を照合することで、各省庁の日本語と英語それぞれの名称を見ることができる。
回答プロセス
(Answering process)
318(行政)の書架を見るが、官公庁等の名称の英訳が載った資料はなし。
和英辞典でそれぞれの省庁の名称を引くと、個別には出てくるが、利用者は一覧をご希望とのこと。また『カラーペディア 英文日本大事典』(講談社)p471には英語の行政機構図があるが、1993年出版のため内容が古い。

国会図書館リサーチ・ナビで「官公庁 英語」を検索。レファレンス協同データベースに福井県立図書館の「官公庁の組織図の英語版を見たい」という事例 http://crd.ndl.go.jp/GENERAL/servlet/detail.reference?id=1000051760  があり。英語版の組織図は「Organization Chart」 http://www.kantei.go.jp/foreign/constitution_and_government_of_japan/charts_e.html  から見ることができるが、利用者は対訳を希望。首相官邸のページで組織図を検索するが、上記チャートに対応した日本語の組織図は発見できず。

また本では『訳しにくい名称の英語表記辞典 公式版  官公庁・企業・法律等』(新星出版社)に官公庁名の英語表記が載っているようであるが、出版が2000年であった。最新の情報がインターネット上にないか、再度検索。

電子政府の総合窓口e-govを見ると、府省別行政情報案内の「各府省・独立行政法人等のホームページ」 http://www.e-gov.go.jp/link/index.html  と「Index of Japan's Government Ministries And Agencies」がほぼ1対1対応。また対応していない場合も、当該組織の英語版サイトにリンクしているため、日本語版サイトとの切り替えにより、日本語名を確認することが可能(日本語版サイトにも多く英語の正式名称が載っているが、「Index of Japan's Government Ministries And Agencies」のほうが載っている組織が多いため)。
また独立行政法人・特殊法人等については、「情報公開(独立行政法人等」のページ http://www.e-gov.go.jp/link/disclosure/index.html  の各法人の日本語版サイトへのリンクから、英語版サイトへの切り替えを行うことで、日本語名と英語名の照合が可能。
利用者はe-govを自宅で検索し、ゆっくりごらんになるとのこと。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
地方自治.地方行政  (318 9版)
参考資料
(Reference materials)
『訳しにくい名称の英語表記辞典』NAPI/編(新星出版社)
キーワード
(Keywords)
官公庁
英訳名称
行政
日本
独立行政法人
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000104101解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!