このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000104096
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000005361
事例作成日
(Creation date)
2011/08/24登録日時
(Registration date)
2012年03月22日 02時01分更新日時
(Last update)
2017年03月25日 16時46分
質問
(Question)
豊中市中桜塚2丁目にある瑞輪寺(ずいりんじ)の由来がわかる資料はあるか。
回答
(Answer)
瑞輪寺はもと桜墳山善光寺という真言宗の寺院で、原田神社の神宮寺として大きな境内をもっていたが、天正年間、荒木村重の乱で焼失、元禄年間に再興して現在の寺号に改め、禅宗の黄檗宗万福寺の末寺となった。臨済宗の僧一休宗純が20年余り在住し、境内の墓地には一休の子紹禎(しょうてい)の墓と伝えられる僧塚がある。さらに井原西鶴門下の四天王のひとり俳人の水田西吟の墓もある。         
『とよなか歴史・文化財ガイドブック』(豊中市教育委員会)『大阪府の歴史散歩 上』(山川出版社)などに記載あり。  
また広報とよなか'89.6月号に「瑞輪寺と西吟」の記事があり、岡町図書館参考室で保存している。
回答プロセス
(Answering process)
豊中市関連の資料を探し、上記資料に瑞輪寺のことが載っていたため紹介した。

また『新修豊中市史 通史1』(豊中市)p296、p824に、瑞輪寺に関する記述があるほか、『大阪墓碑人物事典』(東方出版)には、瑞輪寺に墓碑のある歴史上の人物として、水田西吟と(伝)岐翁紹禎(きおうしょうてい)の名が挙げられている。『わが町の歴史豊中』(文一総合出版)p46「寺院の建立」にも、曹洞宗の広がりを示すものとして、瑞輪寺に一休宗純が1417年から滞在したという記述がある。『続千里の歴史と伝統』(大阪府千里センター)p195には、同じく「岐翁紹偵(ぎおうしょうてい)」にまつわる伝説として、紹偵が一休宗純の実子だったという説が紹介されている。

このほか、『豊中たずねある記』(サンケイ新聞生活情報センター)には、明治時代に瑞輪寺を改築した際の棟札の内容の解説がある。

なお豊中市のサイトの有形文化財のページに、瑞輪寺の木造漆箔薬師如来坐像の写真と簡単な説明があり。 http://www.city.toyonaka.osaka.jp/jinken_gakushu/bunkazai/shitei_bunkazai/yuukei/tyoukoku/tyoukoku204.html
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『大阪府の歴史散歩 上』大阪府の歴史散歩編集委員会/編(山川出版社) (p145)
『千里の歴史と伝統 続』北田 順三/文と写真(大阪府千里センター) (p193)
『とよなか歴史・文化財ガイドブック』豊中市教育委員会生涯学習推進室地域教育振興課/編集(豊中市教育委員会生涯学習推進室地域教育振興課) (p38)
『新修豊中市史第一巻』豊中市史編さん委員会/編集(豊中市)
『大阪墓碑人物事典』近松 誉文/著(東方出版)
『わが町の歴史 豊中』小林 茂/著(文一総合出版)
『豊中 たずねある記』鹿島 友治/著(サンケイ新聞生活情報センター)
キーワード
(Keywords)
瑞輪寺(ズイリンジ)
寺院
真言宗
禅宗
紹偵(ショウテイ)
水田西吟(ミズタ サイギン)
豊中
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000104096解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決