このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000103876
提供館
(Library)
相模原市立相模大野図書館 (2210033)管理番号
(Control number)
相大-H23-0070
事例作成日
(Creation date)
2012年2月19日登録日時
(Registration date)
2012年03月21日 19時45分更新日時
(Last update)
2012年08月03日 17時36分
質問
(Question)
「格に入りて格を出でざる時は狭く、格に入らざる時は邪路に走る。格に入り、格を出でて初めて自在を得べし」の意味を知りたい。
松尾芭蕉の言葉らしい。
回答
(Answer)
『新・俳人名言集』と『芭蕉語彙』の2冊を提供した。
国立国会図書館レファレンス協同データベースの埼玉県立久喜図書館の事例(埼熊-2001-011)も紹介した。
回答プロセス
(Answering process)
直接、分類159の格言・名言集などの棚を確認するが該当なし。

自館OPACでキーワード“芭蕉 名言”で検索し、以下の資料を確認する。
『新・俳人名言集』 復本一郎/著 春秋社 2007 【s26539528 911.304】
p28に出典および意味についての記載あり。
意味は「「格」は、「基本」と考えればよい。「基本」の段階で止まってもいけないし、「基本」を無視すれば、
でたらめということで、なおいけない。「基本」をマスターし、「基本」を抜け出してオリジナリティーを発揮することである。」とある。

Googleでキーワード“格に入りて”と“芭蕉”で検索する。
国立国会図書館レファレンス協同データベースの埼玉県立久喜図書館の作成した事例(埼熊-2001-011)がヒットする。
http://crd.ndl.go.jp/GENERAL/servlet/detail.reference?id=1000030688 (最終確認 2012.5.3)
「芭蕉の言葉ではない」との記載あり。
事例内の資料『芭蕉語彙』を神奈川県立図書館OPACで検索し、取り寄せる。
p300に「格」、p639に「邪路」、p612に「自在」の意味を記した項目あり。

その他、下記の俳句および芭蕉関連の資料も確認するが記載なし。
『新編俳諧博物誌』 柴田宵曲/著 岩波書店 1999 【s16124133 B911.3】
『近世俳諧史の基層』 鈴木勝忠/著 名古屋大学出版会 1992 【s11262201 911.302】
『芭蕉の俳諧 上』 暉峻康隆/著 中央公論社 1994 【s21896204 S911.3】
『芭蕉の俳諧 下』 暉峻康隆/著 中央公論社 1994 【s06876866 S911.3】
『俳諧大要』 正岡子規/著 岩波書店 1983 【s06778914 B911.3】

注:【 】は自館の資料コードと請求記号
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
人生訓.教訓  (159 9版)
詩歌  (911 9版)
参考資料
(Reference materials)
『芭蕉語彙』 宇田零雨/著 青土社 1984
『新・俳人名言集』 復本一郎 春秋社 2007
キーワード
(Keywords)
松尾芭蕉
名言
格言
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000103876解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!