このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000103859
提供館
(Library)
塩尻市立図書館 (2310060)管理番号
(Control number)
塩尻040
事例作成日
(Creation date)
2011年10月24日登録日時
(Registration date)
2012年03月20日 17時04分更新日時
(Last update)
2012年03月30日 13時51分
質問
(Question)
高い山や有名な山ではなく、低い山の一覧があれば見たい。国土地理院などでそういった情報が出ていないだろうか。
回答
(Answer)
【資料1】に知名度の高い山が多数掲載されている。また、国内旅行の登山の分野にいくつか資料が見つかった。
また、国土地理院のホームページから標高別の山の名前と所在地を確認することができる。
回答プロセス
(Answering process)
国内旅行の棚にある山に関する本を直接確認し、初心者向けの本などに低い山が紹介されているのを見つけた。特に【資料1】には知名度や歴史のある山の記述があった。
国土地理院のホームページも確認したところ、国土の情報→日本の主な山岳標高( http://www.gsi.go.jp/KOKUJYOHO/MOUNTAIN/mountain.html )のページで標高別の山一覧が見られるようになっていた。(最終確認日:2012.1.24)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『日本百低山』 小林 泰彦/著 山と渓谷社 2001
【資料2】『お江戸超低山さんぽ』 中村みつを/著 書肆侃侃房 2007
【資料3】『女子のための!週末登山』 西野 淑子/著 大和書房 2011
【資料4】『脱百名山登山学』 石井 光造/著 白山書房 2008
【資料5】『日帰り山さんぽ』 交通新聞社 2010
【資料6】『らくらく日帰り山さんぽ』 交通新聞社 2011
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000103859解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!