このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000103763
提供館
(Library)
沖縄県立図書館 (2110045)管理番号
(Control number)
1000000576
事例作成日
(Creation date)
2012/03/12登録日時
(Registration date)
2012年03月17日 02時00分更新日時
(Last update)
2012年03月17日 02時00分
質問
(Question)
琉球の太鼓の歴史と作り方についての資料が見たい。
回答
(Answer)
下記の資料を紹介する。

『沖縄芸能大鑑』(沖縄芸能大鑑編集委員会、月刊沖縄社、1983年)
 p56 「沖縄の太鼓」(国場 徳八 著)
  太鼓の演奏についての記述あり。
 p57 「太鼓の起源と小鼓乾流段の物」(玉寄 雄弘 著)
  太鼓の歴史、撥さばきの名称などについての記述あり。

『ザ・太鼓』(森田 拾史郎、大月書店、1989年)
 日本各地の太鼓演舞を撮った写真集。
 p97 「解説 ―西角井正大」の項に、民俗芸能研究家 西角井 正大(にしつのい まさひろ)氏による、太鼓の構造についての記述あり。また、歴史についても書かれている。琉球で使われている太鼓にも少し触れられている箇所あり。

『文化講座』(沖縄県観光文化局文化振興課、1991年)
 p2 『沖縄の太鼓 ―その歴史と展開―』(当間 一郎 著)
  「かつては芸能の中心楽器を担っていたころがあったのである。それは太鼓と呼ばれるよりは、ちじん(鼓)といわれて…」との記述あり。
  また、太鼓が『中山伝信録』(除葆光)や『校注琉球戯曲集』(伊波 普猷)などに出ていたことを引用し、「御座楽でも使用されていたことから古くから使われていたのではないか」との推測が載っている。

下記の資料は、琉球の太鼓については触れていないが、太鼓の作り方についての記述がある。

『作って知ろう!かわ・皮・革 太鼓』
 太鼓の構造や太鼓ができるまでを、絵と写真で紹介。
 巻末には、実際に太鼓をつくるコーナーもある(締め太鼓)。

『太鼓職人』(三宅 都子、解放出版社、1997年)
 太鼓の種類や製造工程が載っている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
1 沖縄芸能大鑑 解説 資料 名簿 1983年5月現在 沖縄芸能大鑑編集委員会∥編 月刊沖縄社 1983.8 K76/O52 p56、p57

2 ザ・太鼓 森田拾史郎写真集 森田 拾史郎∥写真 大月書店 1989.5 K76/MO66 p97

3 文化講座 沖縄県観光文化局文化振興課∥編集 沖縄県観光文化局文化振興課 1991.3 K76/O52 p2

4 太鼓 三宅 都子∥文 中川 洋典∥絵 解放出版社 2001.9 J584/MI76

5 太鼓職人 三宅 都子∥著 太田 順一∥写真 解放出版社 1997.7 768.17/MI76
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000103763解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決