このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000103745
提供館
(Library)
沖縄県立図書館 (2110045)管理番号
(Control number)
1000000558
事例作成日
(Creation date)
2012/03/12登録日時
(Registration date)
2012年03月17日 02時00分更新日時
(Last update)
2012年03月17日 02時00分
質問
(Question)
「沖縄の水」と長寿の関係について知りたい。
回答
(Answer)
下記の資料を提供する。

『長寿の要因』(柊山 幸志郎、九州大学出版会、2000年)
 p185-210 「沖縄県民のミネラル摂取量と健康に関する研究」の項がある。
 p185 「ミネラル類は高血圧症、腎臓病、骨代謝疾患、および貧血など各種疾病の発症に関係があり、…」
 p209 「沖縄県下各地域の地下水および水道水中のカルシウム・マグネシウム値が日本全国の水道水中のカルシウム・マグネシウムの平均値を上回っていた。」

『水質と健康に関する研究』(小林 純・森井 ふじ、日本陸水学会、1985年)
 「第50回大会 日本陸水学会 講演要旨集」のp64のみをコピーした資料。末文に「Caは重要な栄養素であるだけでなく、健康に必要なアルカリ食品の有効主成分であって酸性食を中和する。…日本は世界有数の酸性土壌国で…しかし沖縄は例外であり、水や農作物にCaが多い。これが水質が健康に貢献する原因と考えられている。」という記述がある。

『世界一長寿の島・沖縄の謎』(大城真太郎 著・発行、1992年)
 p45-46 「長寿の条件に恵まれている」の項の③で水との関係について説明されている。

『水道水フッ化物応用シンポジウム報告書』(沖縄県・具志川村 編、沖縄県、2002年)
 歯科衛生の観点から、水と長寿の関係について述べている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
1 長寿の要因 柊山 幸志郎∥編 九州大学出版会 2000.3 K49/F73 p185-210

2 水質と健康に関する研究 小林 純∥著 森井 ふじ∥著 日本陸水学会 1985 K49/KO12

3 世界一長寿の島・沖縄の謎 大城 真太郎∥著 大城真太郎 1992.3 K49/O77 p45-46

4 水道水フッ化物応用シンポジウム報告書 沖縄県∥[編] 具志川村∥[編] 沖縄県 2002.3表紙 K49/O52
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000103745解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!