このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000103529
提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20120313-4
事例作成日
(Creation date)
2012年03月13日登録日時
(Registration date)
2012年03月13日 13時57分更新日時
(Last update)
2012年03月14日 11時09分
質問
(Question)
「身を捨つる人はまことに捨つるかは捨てぬ人こそ捨つるなりけれ」の歌について知りたい。
回答
(Answer)
二十一代集データベースに次の情報があった。

歌番号 00372
書名 詞花和歌集
巻名 詞花和歌集巻第十
部立 雑下
詞書原表記 たいしらす
詞書かな標準化表記 たいしらす
和歌作者原表記 よみ人しらす
和歌作者標準化表記 読人不知
和歌原表記 身をすつる/人はまことに/すつるかは/捨ぬ人こそ/すつる成けれ
和歌かな標準化表記 みをすつる/ひとはまことに/すつるかは/すてぬひとこそ/*すつるなりけれ/*5すてぬなりけれ
メモ/371
校異【すつる成けれ:すてぬ成けれ=陽】

この情報をもとに文献を確認した。

金葉和歌集 / [源俊頼撰] ; 錦仁 [校注] . 詞花和歌集 / [藤原顕輔撰] ; 柏木由夫 [校注] 明治書院 , 2006 (和歌文学大系 ; 34) ISBN:4625413273
p.225
372
身を捨つる人はまことに捨つるかは捨てぬ人こそ捨つるなりけれ
脚注
西行法師家集。
類歌「惜しむとて惜しまれぬべきこの世かは身を捨ててこそ身をも助けめ」(西行法師家集)

和歌データベースで検索した。

西行法師家集
http://tois.nichibun.ac.jp/database/html2/waka/waka_i134.html  (2012/03/13確認)
西行法師家集 雑
http://tois.nichibun.ac.jp/database/html2/waka/waka_i134.html#i134-006-158  (2012/03/13確認)
00535
[詞書] 述懐の心を
未入力 西行 (xxx)
世をすつる人はまことにすつるかはすてぬ人こそすつるなりけれ
よをすつる-ひとはまことに-すつるかは-すてぬひとこそ-すつるなりけれ
回答プロセス
(Answering process)
二十一代集データベースで検索した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
詩歌  (911 9版)
参考資料
(Reference materials)
二十一代集 古典選集本文データベース 国文学研究資料館
http://base1.nijl.ac.jp/~anthologyfulltext/  (2012/03/13確認)
和歌データベース 国際日本文化研究センター
http://www.nichibun.ac.jp/graphicversion/dbase/waka.html  (2012/03/13確認)
西行物語 : 全訳注 / 桑原博史{訳注} 講談社 , 1981 (講談社学術文庫 ; 497)
p.71, 73
西行上人集.山家心中集.聞書集.残集.御裳濯河歌合.宮河歌合 新典社 , 1982 (新典社叢書 / 桑原博史編 ; 5) (西行全歌集 ; 下) ISBN:4787930052
西行 / 目崎徳衛著 新装版 吉川弘文館 , 1989 (人物叢書 / 日本歴史学会編集) p.51-52
西行の研究 / 窪田章一郎著 東京堂出版 , 1961
p.117
西行の思想史的研究 / 目崎徳衛著 吉川弘文館 , 1978
p.227
西行山家集全注解 / 渡部保著 風間書房 , 1971 ISBN:4759903623
p.1087
2169
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
http://www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/yamatouta/sennin/saigyo.html  (2012/03/13確認)
http://www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/yamatouta/sennin/saigyo.html#vr1  (2012/03/13確認)
仁平元年(1151)、三十四歳にして勅撰初入集を果たした歌であるが、当時西行の名はまだ世に知られておらず、「よみ人しらず」としての入撰であった。『山家集』には見えない。
『西行法師家集』や『西行物語』では初句「世をすつる」。
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000103529解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決