このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000103485
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2011-178
事例作成日
(Creation date)
2011年11月13日登録日時
(Registration date)
2012年03月12日 15時57分更新日時
(Last update)
2012年06月02日 16時21分
質問
(Question)
1 『江戸の禁書』(今田洋三 1981年 吉川弘文館)の56ページに明暦三年七月に出された触が日本史上における最初の出版統制令であると書かれている。また、「熊倉功夫氏の教示によると『法令雑談』という京都の記録に、明暦三年の統制令があるとのこと」とある。
熊倉功夫氏がこの事(明暦三年七月に出された触が日本史上における最初の出版統制令である)について書いた本や論文があれば知りたい。

2 江戸時代の出版統制について書かれた本が知りたい。
回答
(Answer)
1 『江戸の禁書』以降の発行だが、熊倉功夫氏が明暦三年に出された触について書いた資料あり。

『寛永文化の研究』(熊倉功夫著 吉川弘文館 1988)
p83に「管見に入った最初の出版規制は明暦三年(1657)に牧野佐渡守が下京に宛てて出した軍書の禁令であるが(『法令雑録』)、まさに明暦から寛文にかけて幕府は出版規制という新しい対立点に直面せざるを得なくなるのである。」と記述あり。

2 江戸時代の出版統制について、関連記述のある以下の資料を紹介した。

『和本のすすめ 江戸を読み解くために 岩波新書』(中野三敏著 岩波書店 2011)
p42-47「出版条令について」に、明暦3(1657)年の町触れがこれまで確かめられた最初のものであるとの記述あり。

『江戸の出版事情』(内田啓一著 青幻舎 2007)
p65「もともと出版取締令は明暦三年(一六五七)に出され、軍書が禁止された。」との記述あり。

『江戸の本屋 下 中公新書 571』(鈴木敏夫著 中央公論社 1980)
p8-15「本屋仲間公認以前の出版取締り」

『事典しらべる江戸時代』(柏書房 2001)
p498「享保七年の出版統制」

『出版事始 江戸の本 江戸シリーズ 11』(諏訪春雄著 毎日新聞社 1978)
p149-186「出版の取締り」

『江戸書籍商史』(上里春生著 出版タイムス社 1930)
p119-122「出版物取締りの支配系統」

『江戸文学と出版メディア』(冨士昭雄ほか著 笠間書院 2001)
p83-96「出版統制と排耶書 『吉利支丹物語』・「キリシタン実録群」を軸に」(菊池庸介)

伊東多三郎著「江戸幕府の出版取締と筆禍事件一号」(『日本歴史 68』 p37-39 吉川弘文館 [1954.01])
南和男著「天保改革と出版統制」(『國學院雜誌 77(6)』 p1-18 國學院大學綜合企画部 [1976.06])
回答プロセス
(Answering process)
記述のなかった調査済み資料は、以下のとおり。 

『日本近世史図書目録 歴史図書総目録 3』(日外アソシエーツ 1993)
『叢書禅と日本文化 3 禅と能楽・茶』(ぺりかん社 1997)
『江戸時代の図書流通』(長友千代治著 思文閣出版 2002)
『弥吉光長著作集 3 江戸時代の出版と人』(弥吉光長著 日外アソシエーツ 1980)
『近世京都出版文化の研究』(宗政五十緒著 同朋舎出版 1982)

熊倉功夫ほか著「座談会 十七世紀の文学 (特集 十七世紀の文学)」(『文学 11(3)』岩波書店 2010.5)
『別冊太陽 日本のこころ 89 蔦屋重三郎の仕事』(平凡社 1995.4)

インターネット情報
《レファ協DB》
福岡県立図書館のレファレンス事例「江戸時代の出版統制に関する資料が見たい」
http://crd.ndl.go.jp/GENERAL/servlet/detail.reference?id=1000041370  国立国会図書館 2011/11/13最終確認)
事前調査事項
(Preliminary research)
質問者調査済資料
「江戸の禁書」(今田洋三著 吉川弘文館 1981)
「江戸の本屋さん」(今田洋三著 日本放送出版協会 1977)
「江戸町人の研究 1-5」(西山松之助編 吉川弘文館 1974-1979)
「近世出版法の研究」(中村喜代三著 東京 日本学術振興会 1972)
「世界印刷通史 1」(中山久四郎〔ほか〕著 ゆまに書房 2000)
「寛政改革の研究」(竹内誠著 東京 吉川弘文館 2009)
「松平定信政権と寛政改革」(高澤憲治著 清文堂出版 2008)
「筆禍史」(宮武外骨著 崙書房 1974)
「日本出版文化史」(小林善八著 青裳堂書店 1978)
「日本文化史研究」(吉田健一郎)
NDC
出版  (023 9版)
参考資料
(Reference materials)
『寛永文化の研究』(熊倉功夫著 吉川弘文館 1988)
『江戸の本屋 下 中公新書 571』(鈴木敏夫著 中央公論社 1980)
『和本のすすめ 江戸を読み解くために 岩波新書』(中野三敏著 岩波書店 2011)
『江戸の出版事情』(内田啓一著 青幻舎 2007)
『事典しらべる江戸時代』(柏書房 2001)
『出版事始 江戸の本 江戸シリーズ 11』(諏訪春雄著 毎日新聞社 1978)
『江戸書籍商史』(上里春生著 出版タイムス社 1930)
『江戸文学と出版メディア』(冨士昭雄ほか著 笠間書院 2001)
『日本歴史 68』( 吉川弘文館 [1954.01])
『國學院雜誌 77(6)』(國學院大學綜合企画部 [1976.06])
キーワード
(Keywords)
熊倉 功夫(クマクラ イサオ)
出版-日本-歴史-江戸時代
禁止本
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000103485解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決