このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000103456
提供館
(Library)
立命館大学図書館 (3310012)管理番号
(Control number)
K11-006
事例作成日
(Creation date)
2011年11月02日登録日時
(Registration date)
2012年03月13日 10時00分更新日時
(Last update)
2012年06月05日 09時58分
質問
(Question)
雑誌『日本少年』の(1)対象年齢、(2)創刊~1916年頃までの価格
回答
(Answer)
(1)小学生、中学生、労働する少年を読者対象としていた。また、対象年齢の調べ方として、創刊号を確認する方法をご案内。
(2)創刊号は10銭、1916年の4月号(1916年3月発行)から12銭になった。
回答プロセス
(Answering process)
(1)
①関連文献を探すため、本学契約データベース「CiNii Articles」でキーワード「日本少年」で検索。以下の論文を参照した。
・上田信道著「大衆少年雑誌の成立と展開」
→雑誌の特色について記述があるが、対象年齢は明記されていない。

・梶田 雄一朗著「大正から昭和初期の間においての理想の少年イメージの形成--高畠華宵の手による『日本少年』の表紙絵から」
→序章に「主に幼年以上成人以下の年代(小学校高学年~中学生)をターゲットとして、その教育を念頭においた誌面作りを行っていた。」とあり。
注釈に『出版広告の歴史1985年-1941年』が紹介されていた。

②関連する図書を参照。
・『出版広告の歴史 : 一八九五年 - 一九四一年』
→該当箇所を確認したところ、「日本少年-親、保護者をも対象に-」という項目があり、
「『日本少年』は、小学生、中学生、店員など一般少年を対象とし、その少年たちのよき“師友”となることをめざして創刊された。」とあり。

・『実業之日本社百年史』
→第一章に「『日本少年』の誕生」という項目があり、対象年齢について「本誌は小学生、中学生、店員その他一般少年の良師友なり。」という記述あり。

③国立国会図書館へ参考調査依頼。
利用者によると、国際こども図書館「日本の子どもの文学展」で、『日本少年』のキャプションに対象年齢に関する記述があり、その典拠を知りたい、とのこと。
国立国会図書館に典拠を質問。
→キャプションの記載内容と典拠を教えて頂いた。

キャプション内容:
「小学生や中学生、労働する少年を読者対象とし、 明治から昭和にかけての代表的な少年向け雑誌となった。」

典拠: 『日本児童文学大事典』の「日本少年」の項目に、「小中学生や働く少年の良き師友となることをねらいに創刊された。」という記述あり。

また、対象年齢を調べる方法として、創刊号の内容を確認してはどうか、との助言を頂いた。
『日本少年』の創刊号は、マイクロフィッシュ版で確認できる。(国立国会図書館、NACSIS-Webcat<NCID=AA12058943>)


(2)
①『実業之日本社百年図書総目録』の「実業之日本社の定期刊行雑誌一覧」に「日本少年」の項目あり。
創刊号(1906年1月1日第1号発行)の情報と、「定価10銭」との記述があった。

②広告から価格を確認しようと考え、本学契約データベース「聞蔵IIビジュアル」で検索。
・「朝日新聞縮刷版」でキーワード「日本少年」と入力、「広告」だけにチェックを入れ、「発行日」を「1906年1月1日から1916年12月31日」に限定して検索。
→ほぼ毎号分の広告が収録されていた。内容を確認すると、1916年の4月号の広告(1916年3月17日付 東京朝日新聞・朝刊)に、「本号より定価改正一冊捨弐銭」とあった。

『日本少年』の価格は、創刊号は10銭で、1916年の4月号(1916年3月発行)から12銭になったことが確認できた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『日本近代文学大事典』5巻 (講談社 、1977年)
『実業之日本社百年図書総目録』 (実業之日本社、1997年)
『出版広告の歴史 : 一八九五年 - 一九四一年』 石川弘義、尾崎秀樹著 (出版ニュース社、1989年)
『日本児童文学大事典』大阪国際児童文学館編 (大日本図書、1993年)
上田信道著「大衆少年雑誌の成立と展開」(『国文学 解釈と教材の研究』、 46巻6号、2001年)
梶田 雄一朗著「大正から昭和初期の間においての理想の少年イメージの形成--高畠華宵の手による『日本少年』の表紙絵から」 (『京都精華大学紀要』、 37号、2010年)
http://www.kyoto-seika.ac.jp/event/kiyo/page/kiyo-37.html (最終アクセス: 2012年3月12日)
聞蔵IIビジュアル (本学契約データベース)
キーワード
(Keywords)
日本少年
対象年齢
価格
広告
聞蔵
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
学部生
登録番号
(Registration number)
1000103456解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決