このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000103208
提供館
(Library)
成田市立図書館 (2310029)管理番号
(Control number)
DR20101000580
事例作成日
(Creation date)
2011/02/16登録日時
(Registration date)
2012年03月08日 02時00分更新日時
(Last update)
2012年03月08日 02時00分
質問
(Question)
家の庭木に鳥の巣があるのだが、役割を終えた巣が再利用されることがあるのだろうか。
回答
(Answer)
『鳥類学辞典』のp.406に「多くの種類は毎年新しい巣を作るが、一部の猛禽類では、連続して同じ巣を数年使うものもいる。」とある。
 『鳥のおもしろ行動学(図解雑学)』のp.96にも、「雛を育てて巣立ちが終わると、その巣は捨てられるのです。」とある。例外としては、「樹洞や岩穴のようになかなか入手し難い場所を必要とする鳥は、原則、毎年同じ巣を使います。大きな巣を必要とする猛禽や大型の鳥と記されている。」
 『新庭に鳥を呼ぶ本(BIRDER SPECIAL)』p.76には、「キジバトやハシブトカラスは、一度使用した巣を続けて使うことがあるので、そのままにしておきましょう」という記述が見られる。
 「大阪市立自然史博物館」のHPには、古巣を利用する種が紹介されている。
回答プロセス
(Answering process)
 当館所蔵の参考資料3冊を紹介し、閲覧してもらう。
 Googleで「鳥の巣」と「再利用」かけ合わせて検索し、「大阪市立自然史博物館」のHPを紹介した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
鳥類  (488)
参考資料
(Reference materials)
鳥のおもしろ行動学 柴田敏隆/著 ナツメ社 2006.7 488.1 undefined
鳥類学辞典 山岸哲/監修 昭和堂 2004.9 488.033 undefined
新庭に鳥を呼ぶ本 藤本和典/著 文一総合出版 2009.11 488.04 undefined
キーワード
(Keywords)
鳥の巣
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
一般
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000103208解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決