このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000102328
提供館
(Library)
京都市図書館 (2210023)管理番号
(Control number)
右中-郷土-46
事例作成日
(Creation date)
2012/02/27登録日時
(Registration date)
2012年03月02日 02時00分更新日時
(Last update)
2012年03月15日 16時47分
質問
(Question)
嵐山の鵜飼について知りたい。
回答
(Answer)
毎年7月1日から8月末日まで大堰川(おおいがわ)で行われる夏の観光行事です。
毎夜7時30分頃,渡月橋上流付近で,鵜船に焚かれた篝火の下,風折烏帽子(かざおりえぼし)と腰蓑姿の鵜匠が6羽の鵜を操り鮎をとり,客船に披露します。観光行事としては,昭和25年に嵐山保勝会が,岐阜の長良川から鵜匠を招いたのが始まりです。
歴史は大変古く,大堰川では平安時代から鵜飼が行われており,捕れた魚を朝廷に献上していたことが『西宮記』に記録されています。また,源氏物語や栄花物語,在原業平や藤原俊成など,数多くの歌にも詠まれています。漁法としては明治時代に廃れ,後に観光行事となりました。

【資料2】【資料3】【資料5】に写真が掲載されています。
【資料11】は,現在の鵜匠と,鵜船を漕ぐ“かじこ”についての新聞記事です。
回答プロセス
(Answering process)
●年中行事より…【資料1】~【資料4】 

●川や水関連の資料を確認…【資料5】

●数多くの歌に詠まれていることから…【資料6】 

●嵯峨・嵐山の歴史より…【資料7】【資料8】 現在の観光行事としてではなく平安時代の記述が中心 

●鵜飼の歴史…【資料9】【資料10】 

事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
年中行事.祭礼  (386 8版)
日本  (291 8版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『京都歳時記』(宗政五十緒/編集 淡交社 1986) p184 “嵐山の鵜飼”
【資料2】『京都暮らしの大百科』(梅原猛/監修 淡交社 2002) p209 “嵐山の鵜飼”
【資料3】『京都歳時記 2 京洛夏の彩り』(小学館 1986) p60 “嵐山鵜飼”
【資料4】『京都大事典』(佐和隆研ほか/編 淡交社 1984) p76 “鵜飼”
【資料5】『京都水景色』(橋本健次/写真 光村推古書院 1997) p18 “嵐山の鵜飼い”
【資料6】『新・京都歳時記 2 嵯峨・嵐山篇』(高桑義生著 光村推古書院 1969) p283~285 “嵐山鵜飼”
【資料7】『嵯峨誌 平成版』(嵯峨教育振興会/編集・刊行 1998) p326 “大堰川の鵜飼”
【資料8】『京都の歴史を足元からさぐる 嵯峨・嵐山・花園・松尾の巻』(森浩一著 学生社 2009) p68 “葛野川の鮎”
【資料9】『国史大辞典 2』(国史大辞典編集委員会/編 吉川弘文館 1980) p41 “鵜飼”
【資料10】『鵜飼』(可児弘明著 中央公論新社 1999) p59~61
【資料11】新聞記事『京都新聞 2011年7月1日朝刊26頁』 “風流で勇壮 手縄さばき 嵐山の鵜飼 鵜匠目指し 技盗む「かじこ」”
キーワード
(Keywords)
鵜飼
嵐山
大堰川
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000102328解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!