このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000101649
提供館
(Library)
千葉市中央図書館 (2210009)管理番号
(Control number)
千葉市中央031
事例作成日
(Creation date)
2012年02月15日登録日時
(Registration date)
2012年02月15日 17時10分更新日時
(Last update)
2012年03月29日 13時04分
質問
(Question)
お正月に使われる裏白(ウラジロ)の由来を知りたい。
回答
(Answer)
ウラジロは、ウラジロ科の常緑性の大形のシダ。穂長ともいう。
葉(羽片)がしだれるので「シダ」ともよばれる。これを「歯垂る」にあて、さらに「齢垂る」にかけて長寿の意味をもたせ、正月の注連飾りに用いられてきた。
また、裏が白いことから、「心の潔白さ」と「白髪になるまで長生きする」ということもあらわす。
回答プロセス
(Answering process)
①百科事典をひく。
『日本大百科全書 3 うえ-おおち 2版』(小学館)p.266-267
『万有百科大事典 19 植物 2版』(小学館)p.74

②386(年中行事)の書架をブラウジングした。
『縁起物 京の宝づくし』(光村推古書)
「裏白は「穂長」ともいわれ、長寿の象徴であり、裏が白い色であることから、これもやはり清浄を表します。」(p.37)

『子どもに伝えたい年中行事・記念日』(萌文書林)
「裏白は常緑の歯朶で、表は緑だが裏は白いことで"裏を返してもこころは白い"として心の潔白さと、白髪になるまで長生きするということを表しています。」(p.130)

③正月飾りをキーワードに再検索し、資料の中身を確認した。
『お正月の花と飾り』(主婦の友社)
「正月の飾りつけに不可欠なものにしだの葉があります。このしだは葉の裏が白い「うらじろ」と呼ばれるもので、心に裏や偽りがのない純白なことを示します。」(p.89) 
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
年中行事.祭礼  (386 9版)
民間信仰.迷信[俗信]  (387 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本大百科全書 3 うえ-おおち 2版』小学館 1994 (p.266-267)
『万有百科大事典 19 植物 2版』小学館 1984 (p.74)
『縁起物 京の宝づくし』岩上 力/著 光村推古書 2003.1 (p.37)
『子どもに伝えたい年中行事・記念日』萌文書林編集部/編 萌文書林 1998.7 (p.130)
『お正月の花と飾り 新年を祝ういけばなと飾りもののしきたり』主婦の友社 1982.12  (p.89)
キーワード
(Keywords)
裏白
穂長
ウラジロ
年中行事
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000101649解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決