このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000101353
提供館
(Library)
千葉市中央図書館 (2210009)管理番号
(Control number)
千葉市中央029
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2012年02月11日 11時59分更新日時
(Last update)
2012年02月28日 18時24分
質問
(Question)
うるう年(閏年)はなぜあるのか。
回答
(Answer)
太陽暦では1年を365日としているが、太陽をまわる地球の公転の周期は365.2422日なので、1年で約0.25日のずれができる。そこで4年に一度、2月にうるう日の第29日を加えて1年を366日とし、このずれをなくすようにした。このうるう日のおかれた年をうるう年という。
また、『kagaku no ziten』(岩波書店)の「KOYOMI こよみ」の項に詳しく記載されている。
回答プロセス
(Answering process)
『日本大百科全書3』(小学館)の「うるう年」をみると「置閏法 ちじゅんほう」を参照よなっている。『15』の「置閏法」をみると暦法の一つで暦の基本周期についての説明であった。
「暦法」ということで『暦の百科事典』(本の友社)で調べるが、「うるう年」という項目で説明しているものではなかった。
『現代こよみ読み解き事典』(柏書房)に「うるう年」についての説明はあるが、数行のみである。
『暦入門』(雄山閣)には、「置閏法」について数行の記述がある。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
天文学.宇宙科学  (440 9版)
時法.暦学  (449 9版)
参考資料
(Reference materials)
『総合百科事典ポプラディア 2』 ポプラ社 2011.1 (「うるう年」の項)
『ベスト図解百科 2』 学研ネクスト 2010.4 (「うるう年」の項)
『天文の事典 平凡社』 平凡社 1987.12 (「うるうどし(閏年)ジュンネンともいう。『世界大百科事典3』(平凡社)の内容と同じ。)
『kagaku no ziten』 岩波書店 1964 (p603「KOYOMIこよみ」)
キーワード
(Keywords)
うるう年
天文
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000101353解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決