このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000101334
提供館
(Library)
千代田区立千代田図書館 (2310211)管理番号
(Control number)
0000000033
事例作成日
(Creation date)
2011/01/24登録日時
(Registration date)
2012年02月11日 02時00分更新日時
(Last update)
2012年02月17日 10時57分
質問
(Question)
九段下ビルの歴史的な概要について知りたい。できれば建設当時の図面なども見たいのだが、そういった資料はあるか。
回答
(Answer)
◎ 以下の資料で九段下ビルの歴史的な概要が分かる。
・『総覧日本の建築 3 東京』(新建築社, 1987年)p58
・『東京の近代洋風建築』(東京都教育委員会, 1991年)p276-277
・『集合住宅の時間』(王国社, 2006)p102-109(概要とともに図面あり)
・『集合住宅物語』(みすず書房, 2004)p126-133

◎Web上で、以下のような資料が閲覧でき、図面なども掲載されている。
・CiNii(オープンアクセス)栢木まどか・伊藤裕久「復興建築助成株式会社と旧今川小路共同建築について」 (『学術講演梗概集. F-2』 2004年) ※この他にも関係論文あり
 ・CiNii(オープンアクセス)加賀屋哲朗ほか「縦割り所有型集合住宅における空間利用と経年変化に関する研究 その1 九段下ビルを事例として」 (1)・(2) (『学術講演梗概集. E-2』 2002年) 
 ・日本建築学会図書館HPデジタルアーカイブス( http://news-sv.aij.or.jp/da1/) 『東京・横浜復興建築図集 1923-1930』図版番号91「今川小路共同建築」当時の写真、正面図、各階の平面図掲載。
 ・土木学会附属土木図書館HPデジタルアーカイブス( http://www.jsce.or.jp/library/page/report.shtml
    南省吾「共同建築の利益に関する基本説明と其実例」(『土木建築工事画報』第4巻第11号, p10-17)入居後の写真・正面図・平面図掲載。

◎ 類縁機関として、建設産業図書館を案内した。
回答プロセス
(Answering process)
・九段下ビルの概要を知るために『総覧 日本の建築 3 東京』(新建築社,1987)をみるとp58に掲載があり、九段下ビルが旧称「旧今川小路共同建築」であることや、設計者や建築年などの概要が分かった。「近代建築」「復興建築」などキーワードでopac検索すると関係資料がヒットし、他にも 『東京の近代洋風建築』(東京都教育委員会,1991年)p276-2377、『復興建築の東京地図』(平凡社,2011年)p74-77に掲載があった。同じく設計者、構造、規模などがわかるが、図面の掲載はなかった。
・近代建築パスファインダーを参照したところ、建設産業図書館HP( http://www.ejcs.co.jp/library/cil.html )が紹介されていた。HPにある蔵書検索でフリーワード「九段下ビル」「今川小路共同建築」などのキーワードで検索すると、TRC MARC, Japan MARC では検索できなかった以下のような資料がヒットした。『集合住宅の時間』(王国社,2006)『集合住宅物語』(みすず書房,2004)『東京・横浜復興建築図集 1923-1930』(日本建築学会、1931年)などがヒットした。『集合住宅の時間』『集合住宅物語』は、自館で所蔵あり。『東京・横浜復興建築図集 1923-1930』区内所蔵なし。NDL-OPAC では関西館所蔵で利用不可。都立中央所蔵あり。
・ciniiで「九段下ビル」「今川小路共同建築」「共同建築 復興」「復興建築助成」で検索すると、いくつかの論文・記事がヒットする。とくに、栢木まどか・伊藤裕久両氏の一連の共著報告・論文で、建設に至る経緯や設計図案の変遷について分かる。また、加賀屋哲朗氏ほかの2点の報告で、入居者による改変の一端が分かる。
・他にWEB情報源がないか確認する。
日本建築学会と土木学会のHPにデジタルアーカイブスあり。
日本建築学会図書館HPデジタルアーカイブス『東京・横浜復興建築図集 1923-1930』 PDFで閲覧可。番号91が今川小路共同住宅。新築直後の写真・正面図・平面図あり。
土木学会附属土木図書館HPデジタルアーカイブス『土木建築工事画報』第4巻第11号 PDFで閲覧可。南省吾「共同建築の利益に関する基本説明と其実例」(p10-17)。実例の一つとして今川小路共同建築紹介。入居後の写真・正面図・平面図・5頁にわたる詳細な解説あり。
・類縁機関として、建設産業図書館を参考までに案内した。

事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
1 『集合住宅物語』 植田/実 [著] みすず書房 2004.3 TP3/070
2 『総覧日本の建築 3 東京』 日本建築学会∥編 新建築社 1987 R521
3 『東京の近代洋風建築』 東京都教育庁生涯学習部文化課編集 東京都教育庁生涯学習部文化課 1991 TP3/006
4 『集合住宅物語』 植田/実[著] みすず書房 2004.3 TP3/070
東京 日本建築学会∥編 新建築社 1987 R521
キーワード
(Keywords)
九段下ビル 今川小路共同建築 九段下ビルディング 九段下ビルヂング 南省吾 復興建築助成株式会社 関東大震災 震災復興 復興建築 近代建築 共同建築 商用施設 共同住宅 設計 設計図 図面 
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
【事後調査】
九段下ビル(今川小路共同建築)の解体についての記事に以下のようなものがある。
・神田経済新聞2012.01.20「関東大震災復興のシンボル「九段下ビル」の解体進む」( http://kanda.keizai.biz/headline/192
・読売新聞2012.01.30東京朝刊「東京の記憶 九段下ビル 復興の礎 85年で幕=東京」
調査種別
(Type of search)
書誌調査
内容種別
(Type of subject)
地域資料
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000101334解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決