このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000101252
提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20120209-3
事例作成日
(Creation date)
2012年02月09日登録日時
(Registration date)
2012年02月09日 10時27分更新日時
(Last update)
2012年02月09日 10時34分
質問
(Question)
『大日本史料』について知りたい。
回答
(Answer)
『国史大辞典』を調べた。

だいにほんしりょう 【大日本史料】
「明治以来、六国史を継ぐ国史編纂の事業から起って、今日も編纂刊行が続けられている日本歴史の一大編年史料集。正式な呼称は「だいにっぽんしりょう」。明治二年(一八六九)史料編輯国史校正局が開設され、明治天皇の御沙汰書が下されたのがはじまりで、その後、さまざまな変遷を経て、同八年に太政官修史局が開かれ、正史編纂のための史料を、塙保己一の『史料』の体裁にならい、年月日を追い、引用書の原文を排列した形で採集すべきことが定められた。この『史料』は塙保己一の和学講談所が江戸幕府の援助を得て、六国史以後の編年史料集を編纂し、宇多天皇から後一条天皇までの約四百冊ができていたもので、『大日本史料』の体裁は、基本的にはこの「塙史料」と全く同じである。その後も国史編纂事業の形態はさまざまに変わったが、『大日本編年史』の編纂と、そのための基礎史料として編年順に整理した「史料稿本」の作成という基本業務は一貫して続けられ、明治十八年からは本格的な全国的史料収集も開始された。内閣制度の発足に伴い、明治十九年、内閣に臨時修史局が置かれ、重野安繹が編修長に任命されたが、同二十一年十月、帝国大学に本部直属の臨時編年史編纂掛が設置され、事業はすべて大学に移管された。(以下略)」

関連図版:
『大日本史料』内容一覧1
『大日本史料』内容一覧2
『大日本史料』内容一覧3
『大日本史料』内容一覧4
『大日本史料』

参考文献:
『東京大学百年史』部局史四
坂本太郎『日本の修史と史学』(『日本歴史新書』)

東京大学史料編纂所の大日本史料総合データベースが公開されていた。

データベース検索 東京大学史料編纂所
http://wwwap.hi.u-tokyo.ac.jp/ships/db.html  (2012/02/09確認)

大日本史料総合データベース
「このデータベースでは、『大日本史料』『史料綜覧(そうらん)』「史料稿本」の綱文(こうぶん)・書名・本文・索引語が検索できます。
対象となる時代は、仁和3 年(887)から慶応3年(1867)までの間です。

『大日本史料』(1901―)は、歴史上の重要事件についての史料をまとめたものです。現在も編纂・刊行事業が続いています。綱文・史料名(書名)・史料引用があります。
「史料稿本」は、『大日本史料』の手書きの草稿です。明治に作成されました。範囲は仁和3年(887)から慶応3年(1867)までです。綱文・史料名(書名)・史料引用があります。
『史料綜覧』(1964-66刊行)は、綱文と史料名(書名)のみをあげたものです。「史料稿本」作成後の調査・研究の成果に基づくものです。範囲は仁和3年(887)から寛永16年(1639)までです。
(中略)
検索結果からは、『大日本史料』刊本と史料稿本の画像を見ることができます(閲覧用ヴューアーのプラグインが必要です。)」
回答プロセス
(Answering process)
Yahoo!百科事典[日本大百科全書(小学館)]で検索した。

大日本史料(だいにほんしりょう)
http://100.yahoo.co.jp/detail/%E5%A4%A7%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%8F%B2%E6%96%99/  (2012/02/09確認)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
参考資料
(Reference materials)
日本史論文の書きかた : レポ-トから卒業論文まで / 中尾尭/[ほか]編 吉川弘文館 , 1992 ISBN:4642072918
http://webcatplus.nii.ac.jp/webcatplus/details/book/7964630.html (2012/02/09確認)
日本史の一級史料 / 山本博文著 光文社 , 2006 (光文社新書 ; 253) ISBN:4334033539
http://webcatplus.nii.ac.jp/webcatplus/details/book/5821996.html (2012/02/09確認)
キーワード
(Keywords)
大日本史料
東京大学史料編纂所
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000101252解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!