このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000101101
提供館
(Library)
沖縄県立図書館 (2110045)管理番号
(Control number)
1000000534
事例作成日
(Creation date)
2012/1/26登録日時
(Registration date)
2012年02月04日 02時00分更新日時
(Last update)
2012年02月04日 02時00分
質問
(Question)
首里王府時代の役人の位階や職業の内容、できれば俸給まで知りたい。
回答
(Answer)
下記の資料を提供する。

『沖縄大百科事典 上 ア~ク』(沖縄大百科事典刊行事務局  沖縄タイムス社  1983年)
 p148 「『位階定』」の項
 「首里王府の位階を成文化した規定。年功や功績による位階の昇進と、褒美下賜について、51ヵ条にわたって規定している。」
 p148-150 「位階制度」の項
 王府時代の宮中席次、首里王府位階表あり。

『沖縄門中大事典』(宮里 朝光  那覇出版社  2001年)
 p61-106 「王府の身分・位階・職制」
 役人の位階や職業内容についての記述あり。

『沖縄県史料 前近代6』(沖縄県立図書館史料編集室  沖縄県教育委員会  1989年) 
 p5-12 「位階定」  沖縄県立図書館東恩納文庫蔵「位階定」の翻刻。
 p697-724 「琉球藩官職制」に職業の内容について記述あり。

『東恩納寛惇全集 4』(東恩納 寛惇  第一書房  1979年)
 p385-391 「琉球の社会制度」
 p392-410 「旧琉球の位階制度」
 位階について記述あり。

『球陽論叢』(島尻 勝太郎・嘉手納 宗徳・渡口 眞清 三先生古稀記念論集刊行委員会  ひるぎ社  1986年)
 p121-144 「近世琉球の位階」
 近世琉球の位階制、身分制について記述あり。

『近世の琉球』(渡口 眞清  法政大学出版局  1975年)
 p173-207 「諸士給与の形態―その変遷について―」
 知行、俸禄、切米について記述あり。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
1 沖縄大百科事典 上 ア~ク 沖縄大百科事典刊行事務局∥編 沖縄タイムス社 1983.5 K03/O52/1 148-150

2 沖縄門中大事典 宮里 朝光∥監修 田名 真之∥執筆 那覇出版社 2001.7 K288/MI88/ 61-106

3 沖縄県史料 前近代6 沖縄県立図書館史料編集室∥編 沖縄県教育委員会 1989.2 K206/O52/1-6 5-12、697-724

4 東恩納寛惇全集 4 東恩納 寛惇∥著 琉球新報社∥編 第一書房 1979.4 K08/H55/4 385-410

5 球陽論叢 島尻 勝太郎・嘉手納 宗徳・渡口 真清 三先生古稀記念論集刊行委員会∥編 ひるぎ社 1986.12 K200.4/KY9/ 121-144

6 近世の琉球 渡口 真清∥著 法政大学出版局 1975.3 K205/TO23/ 173-207
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000101101解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決