このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000101091
提供館
(Library)
沖縄県立図書館 (2110045)管理番号
(Control number)
1000000524
事例作成日
(Creation date)
2012/1/26登録日時
(Registration date)
2012年02月04日 02時00分更新日時
(Last update)
2012年02月04日 02時00分
質問
(Question)
沖縄のことを古語でうるま島(うるわしき島)と呼んでいた時代があるが、それについての文献が知りたい。
回答
(Answer)
下記の資料を紹介する。

『沖縄大百科事典 上 ア~ク』(沖縄大百科事典刊行事務局 沖縄タイムス社 1983年)
 p332 「うるま」の項に、「琉球の雅名。識名盛命の『思出草』(1700年ごろ)にうるまの島・うるまゆり・うるまの国などとあるように、<うるま>は当時の沖縄や薩摩の文人のあいだで<琉球>の意で用いられた。砂礫島(ウルは粗い砂、マは島の意)の義、または島の地形がこおろぎ(ウルマー)に似ているところから呼称されたものかなどといわれるが、古く『狭衣物語』や『大納言公任集』など平安時代の文学では、<うるま>はことばの通じないところの意で用いられており、必ずしも琉球のことをさす語ではない。琉球の別名と解されるようになったのは、室町時代に、紹巴の註本『下紐』に<琉球をうるまの島と云と也>として以来のことらしい。」

『沖縄民俗辞典』(渡邊欣雄 吉川弘文館 2008年)
 p71 「ウルマ」の項に、「・・・古くは平安時代の文学『千載和歌集』や『狭衣物語』などに『うるま』の記述があり、言葉の通じない場所として使われている。琉球の雅名になったのは、室町時代以降とされる。」とある。

『沖縄文化叢説』(柳田國男 中央公論社 1975年)
 p23-32 「ウルマは沖縄の古称なりや」(伊波普猷)が収録されている。この中で、「『ウルマ』は果たして琉球の古称であろうか」と提起している。

『伊波普猷全集 第8巻』(伊波普猷 平凡社 1975年)
 p603-p611 「「うるま」が琉球の古称に擬せられた経緯」の項がある。『思出草』(識名親方盛命)や『狭衣物語』、『大日本地名辞書』(東恩納寛淳)を参考にして記述している。

『南島風土記』(東恩納寛惇 沖縄財団 1950年)
 p18-19「うるま」の項があり、うるまの由来について述べられている。

『東恩納寛惇全集 6』(東恩納寛惇 第一書房 1979年)
 p1-356 「大日本地名辞書 続篇 第ニ 琉球」
 p86 「ウルマ」についての記述がある。ウルマという言葉が使われているという『狭衣物語』や『大納言公任集』、『本朝麗藻』を紹介している。ウルマは琉球のことか、新羅の迂陵島のことか「真偽定かならず。」と書いている。

『宮良當壯全集 第15巻』(宮良當壯 第一書房 1981年)
 p80-91 「うるま考」の項があり、ウルマという言葉は新羅の迂陵島(後の鬱陵島)であるのか、琉球を指すのか、あるいは蟋蟀を意味するのか、それらを歴史的に考察している。


回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
1 沖縄大百科事典 上 ア~ク 沖縄大百科事典刊行事務局∥編 沖縄タイムス社 1983.5 K03/O52/1 332

2 沖縄民俗辞典 渡邊 欣雄∥ほか編 岡野 宣勝∥編 吉川弘文館 2008.7 K38/O52/ 71

3 沖縄文化叢説 柳田 國男∥編 中央公論社 1947.12 K38/Y53/ 23-32

4 思出草 識名 盛命(毛 起龍)∥著 1700(元禄13) K95/SH34/

5 伊波普猷全集 第8巻 伊波 普猷∥著 服部 四郎[ほか]∥編 平凡社 1975.9 K08/I25/8 603-611

6 南島風土記 東恩納 寛惇∥著 沖縄財団 1950.3 K29/H55/ 18-19

7 東恩納寛惇全集 6 東恩納 寛惇∥著 琉球新報社∥編 第一書房 1979.12 K08/H55/6 86

8 宮良當壯全集 第15巻 宮良 當壯∥著 第一書房 1981.5 K08/MI79/15 80-91
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献調査
内容種別
(Type of subject)
地名
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000101091解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!