このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000101069
提供館
(Library)
沖縄県立図書館 (2110045)管理番号
(Control number)
1000000502
事例作成日
(Creation date)
2012/1/26登録日時
(Registration date)
2012年02月04日 02時00分更新日時
(Last update)
2012年02月04日 02時00分
質問
(Question)
屋敷内にある神屋(あしゃぎ)は敷地内のどの位置に建てるのが正しいのか知りたい。
回答
(Answer)
『沖縄民俗辞典』(吉川弘文館 2008年)
 p6-7「アシャギ」の項には「沖縄でいう離れ座敷。・・・本島北部では神をまつるための軒の低い公共的な儀礼用の小屋をいうが、本島中南部や先島では民家の付属家屋を指す」とある。

『図説 郷土のくらしと文化 上』(新星図書出版 1980年)
 p183 「貫木屋の標準的平面と配置図」に「あさぎ」の記載あり。
 p182 「主家に向かって右手東南側に「あさぎ」という別棟の家を建てていました。あさぎは神をまつってある場合は『神あさぎ』ともいい、また『前の家(めーぬやー)』とも呼んでいました。子どもが嫁をむかえたときや、新婚夫婦の仮住まいに使ったり、老人のいんきょに使用したりしたものです。」とある。

『沖縄・暮らしの大百科』(那覇出版社 2004年)
 p332 「図15 沖縄の伝統的な住居」から「アシャギ(離れ)」の位置がわかる。

『九州・沖縄地方の住まい習俗』(恵原義盛 明玄書房 1984年)
 p294 「図4 一般的な農家の屋敷配置図」に「前の屋 あしゃぎ」の記載あり。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
1 沖縄民俗辞典 渡邊 欣雄∥ほか編 岡野 宣勝∥編 吉川弘文館 2008.7 K38/O52/ 6-7

2 郷土のくらしと文化-図説- 上巻 新星図書出版 1980.12 K382/KY2/1 183

3 沖縄・暮らしの大百科 那覇出版社∥編集 崎間 麗進∥監修 那覇出版社 2004.11 K38/O52/ 332

4 九州 沖縄地方の住まい習俗 恵原 義盛[ほか]∥著 明玄書房 1984.7 K383/E34/ 294
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000101069解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!