このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000101063
提供館
(Library)
沖縄県立図書館 (2110045)管理番号
(Control number)
1000000496
事例作成日
(Creation date)
2012/1/26登録日時
(Registration date)
2012年02月04日 02時00分更新日時
(Last update)
2012年02月04日 02時00分
質問
(Question)
沖縄市の音楽を通したまちづくりについての資料がみたい。
回答
(Answer)
下記の資料を提供する。

『文化の窓』(沖縄市文化協会 2008年)
  音楽文化のブランド化の可能性を挙げている。
『うるま uruma 2007.10』(三浦クリエイティブ 2007)
  2007年7月に「音楽による町づくり」の拠点としてオープンした「コザミュージックタウン」の記事の掲載あり。

県内横断検索によると『沖縄市市勢要覧 2007』にミュージックタウンの記事が掲載されているようだ。しかし当館は所蔵なし。沖縄市立図書館蔵。

『唄街構想(ピースフル・ラブ・ミュージック)中間調査報告書』(財団法人南西地域産業活性化センター 1997年)
 沖縄の音楽産業と街づくりの可能性についてふれている。
『音楽市場(仮称)管理・事業運営実施計画策定業務報告書』(沖縄市企画部振興開発室中の町再開発課 2005年)
『青い海 第15巻15号(通巻143号)』(青い海出版社 1985年)
 p.94 「ロック・フェスティバルと地域づくり」(真栄城 守定)があり、ロック・フェスティバルを通して、地域づくりへの呼びかけや新しい産業、文化創造へのアピールができるとしている。

コザと音楽の関わりについて書かれている資料も提供する。

『ロックとコザ』(沖縄市企画部平和文化振興課 中央公論社 1994)
 戦後コザを主な活動舞台に、現在に至るまで活躍し続けるジョージ紫、宮永永一、川満勝弘、喜屋武幸雄氏の四名のロックミュージシャンの証言を収録している。

『戦後コザにおける民衆生活と音楽文化』(沖縄国際大学文学部社会学科石原ゼミナール 榕樹社 1994年)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
1 文化の窓 No.30 2008 沖縄市文化協会∥[編] 沖縄市文化協会 2008.3 K05/B89/30

2 うるま URMA 第11巻第4号通巻121号?第12巻第1号通巻130号 三浦クリエイティブ

3 「唄街構想(ピースフル・ラブ・ミュージック)」 南西地域産業活性化センター∥[編] 南西地域産業活性化センター [1997.3] OK76/N48/

4 音楽市場(仮称)管理・事業運営実施計画策定業務報告書〈概要版〉 沖縄市企画部振興開発室中の町再開発課∥[編] 南西地域産業活性化センター∥[編] 沖縄市企画部振興開発室中の町再開発課 2005.3 K60/O65/

5 青い海 第15巻第5号(通巻143号) 青い海出版社∥[編] 玉元 貴士∥編 青い海出版社 1985.7 K05/A52/143 94

6 ロックとコザ 沖縄市企画部平和文化振興課∥編 中央公論社 1998.3 K22/O52/

7 戦後コザにおける民衆生活と音楽文化 沖縄国際大学文学部社会学科石原ゼミナ-ル∥編 榕樹社 1994年3月 K302/I74/
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000101063解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!