このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000101045
提供館
(Library)
愛媛県立図書館 (2110043)管理番号
(Control number)
97-A-8
事例作成日
(Creation date)
2012年02月04日登録日時
(Registration date)
2012年02月04日 11時50分更新日時
(Last update)
2013年08月31日 14時49分
質問
(Question)
愛媛の県鳥について調べたい。
回答
(Answer)
【資料1】の巻頭にカラー写真が載っているが、愛媛の県鳥は”コマドリ”でサクラの咲く頃小群で渡来し、山麓地帯でさえづり始める。その鳴き声は、駒のいななきに似て、ヒン カラカラカラカラ・・・と勇壮である。初夏の頃、標高1000mかそれ以上に達した”コマドリ”は、イシヅチザサなどの覆う地表を生活と繁殖の場とする。主に地上生活を営み、両足をそろえて跳行し、茂みの間を潜って食餌をとり、繁殖期には雌雄で生活をする。厳とした縄張りを守り6月頃、倒木や樹根の下などの地上に広葉樹の落葉に細根を混じ、椀型の巣を作って産卵する。卵は美しい緑青色で21.1×15.6mm、1巣を卵数は3~5個。エサは昆虫類、クモ類が主であるが、ミミズも捕食し、ヤブデマリ、ミヤマシグレなどの種実も啄む。大きさはほぼすずめ大の、姿もなかなか愛らしい小鳥で、だいたい赤褐色。頭部と尾羽は赤味が強い。雌は背面の赤味が弱く、額、喉などは黄褐色で、日本特産の野鳥である。
【資料2】をみると、コマドリがスズメ目・ヒタキ科・ツグミ亜科に属する、全長14cmほどの野鳥であることがわかった。生息分布は広く、日本各地や樺太中国大陸南東部などで、県内では石鎚山系などブナの自然林が主な生息地である。p202に県内生息分布図が載っている。
【資料3】”県鳥こまどり”の項目を見ると、県鳥に指定されたのが1970年5月10日であるということがわかった。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
鳥類  (488 9版)
地方自治.地方行政  (318 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 『四国の野鳥誌』 石原保/著 築地書館 1982年 <請求記号:K488 /3>
【資料2】 『愛媛の野鳥観察ハンドブック はばたき』 日本野鳥の会愛媛県支部/編 愛媛新聞社 1992年 <請求記号:K488 /7>
【資料3】 『あなたの出会った鳥、出会う鳥』 森川国康/監修 愛媛県文化振興財団 1986年 <請求記号:K488 /4>
キーワード
(Keywords)
県鳥 けんちょう
コマドリ こまどり
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
事例出典『郷土資料に関する調査・相談事例集』 愛媛県図書館協会・愛媛県立図書館/編集 愛媛県立図書館 1997年
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000101045解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!