このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000100723
提供館
(Library)
名古屋市鶴舞中央図書館 (2210001)管理番号
(Control number)
名古屋市鶴-2011-034
事例作成日
(Creation date)
2011年12月26日登録日時
(Registration date)
2012年01月31日 11時26分更新日時
(Last update)
2012年03月27日 17時43分
質問
(Question)
「右筆所日記」が見たい。
回答
(Answer)
「右筆所日記」は“江戸城内の儀礼・将軍の動静・任免・人事等について正式の記録として大目付・目付の関与のもと、右筆の職務として毎日作成されていた記録”(「徳川実紀・続徳川実紀」 小宮木代良 (『国史大系書目解題 下巻』所収))で、その原本は伝存が確認されていないそうです。ただ、写本・抄本はかなり伝存しており、その中でも姫路酒井家本(日記 108冊)のうち慶安4年(1651)以前のものが良質な写本とされています。この姫路酒井家本のうち寛永8年(1631)から明暦4年(1658)までの73冊の影印本がゆまに書房より刊行されています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
参考資料
(Reference materials)
『江戸幕府日記 第26巻 姫路坂井家本 影印』 藤井譲治/監修・解題 ゆまに書房 2004年 p.551-557
『国史大系書目解題 下巻』 皆川完一/編 吉川弘文館 2001年 p.851-858
『江戸幕府の日記と儀礼史料』 小宮木代良/著 吉川弘文館 2006年 p.26-37
『国史大辞典 第2』 吉川弘文館 1980年 p.340
キーワード
(Keywords)
右筆所日記
御日記
江戸幕府日記
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000100723解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決