このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000100408
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000006362
事例作成日
(Creation date)
2011/12/28登録日時
(Registration date)
2012年01月21日 02時00分更新日時
(Last update)
2012年03月20日 15時47分
質問
(Question)
土鍋は熱しにくく冷めにくいと聞くが、本当か。
回答
(Answer)
新・食品事典14『料理器具』(真珠書院)によると「土鍋はぽってりとした厚みのある材質でつくられたものであるため熱が伝わりにくいが、熱のあたりはやわらかく、一度温まると余熱が大きいのが利点」とある。
また『春夏秋冬土鍋でごはん』(講談社)にはゆきひら鍋と土鍋とを比較した、温度と時間との関係をあらわすグラフを用いて、同主旨のことが述べられている。
さらに詳しくは『おいしさをつくる「熱」の科学』(柴田書店)に「土鍋で炊いたご飯がおいしいといわれる理由は?」「土鍋で炊くご飯と電気炊飯器で炊くご飯はどう違うのですか?」「土鍋で炒め物をしてもいいのでしょうか?」等の節を設けて解説がある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
食品.料理  (596 9版)
参考資料
(Reference materials)
『おいしさをつくる「熱」の科学』佐藤 秀美/著(柴田書店)
『春夏秋冬土鍋でごはん』小西 雅子/著(講談社)
『料理器具』(真珠書院)
キーワード
(Keywords)
土鍋
調理科学
熱容量
加熱調理
鍋料理
食文化
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
講座食の文化4『家庭の食事空間』(味の素食の文化センター) 「台所用品の使用状況と食生活」204ページ
土鍋ほか13点の鍋様の食器について調査し使用率を求め、考察している。昭和61年(1986年)実施調査。
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000100408解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!