このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000099940
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000005561
事例作成日
(Creation date)
2011/09/08登録日時
(Registration date)
2012年01月14日 02時02分更新日時
(Last update)
2012年03月20日 16時12分
質問
(Question)
現在の天神祭は太陽暦7月25日に船渡御が行われるが、江戸時代までの天神祭は旧暦の何月何日に船渡御を行っていたか。また、当時も夏の祭りとして行われていたのか。
回答
(Answer)
天神祭は疫病を祓う夏の祭り。文献に見える最古の記録では、旧暦7月7日に船渡御が行われていたことがわかっている。その後、菅原道真の生誕日と伝えられる旧暦6月25日に変更になり、さらに太陽暦の導入により、現在の7月25日に船渡御が行われるようになった。
回答プロセス
(Answering process)
参考室の祭り(386)の書架を探す。
『日本の祭り6 近畿Ⅱ』で天神祭を調べると、大阪天満宮の夏祭りとある。
現在は7月24日~25日に行われること、また由来の記載もあるが、過去の日程の記載はない。
また『年中行事大辞典』では「天満天神祭(てんまてんじんまつり)」の項が立てられ、「大阪天満宮で旧暦6月25日に執行された祭礼が著名」とある。
これによると、史料上の初見は1449年(宝徳元年)の7月7日であったが、1587年(天正15年)には6月25日に祭礼日が変更されていた、とのこと。
参考資料として挙げられていた『天神祭』『天神祭-火と水の都市祭礼-』を取り寄せ、内容を確認する。
『天神祭』には過去の日程についての記載なし。
『天神祭-火と水の都市祭礼-』に、明治5年の太陽暦導入に伴い、7月25日に祭の日程が変更されたことが注釈として記されていた。

これに加えて175(神道)の書架を探したところ、『大阪府神社史資料 上巻』p8に「天満天神御祓」として、6月25日の祭礼の由来と内容の記載があった。
また216(大阪‐歴史)の書架より、『新修大阪市史 第4巻』(近世Ⅱ)のp841-844には、大阪の代表的な夏祭りとして、旧暦6月25日に行われる天満宮の天神祭の内容が記載されていたため、これらも合わせて提供した。

なお、『旧暦読本』(創元社)によると、2011年7月25日は旧暦6月25日にあたる。旧暦の7月25日は、2011年の場合は8月24日である。
事前調査事項
(Preliminary research)
大阪天満宮に問い合わせたところ、ずっと7月25日であったとの回答を得たが、旧暦の7月は太陽暦では秋にあたると思われるため、秋祭りであったのかどうか確認したい。
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『年中行事大辞典』加藤 友康/編(吉川弘文館)
『大阪府神社史資料 上巻』(大阪府神社庁)
『新修大阪市史 第4巻』新修大阪市史編纂委員会/編集(大阪市)
『天神祭 -火と水の都市祭礼-』大阪天満宮文化研究所/編(思文閣出版)
『日本庶民生活史料集成 第22巻』谷川 健一/編集委員代表(三一書房)
『旧暦読本』岡田 芳朗/著(創元社)
キーワード
(Keywords)
天神祭(テンジンマツリ)
天満宮(テンマングウ)
船渡御(フナトギョ)
歴史
祭礼
神事
大阪
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000099940解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!