このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000099885
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000004303
事例作成日
(Creation date)
2011/05/28登録日時
(Registration date)
2012年01月14日 02時01分更新日時
(Last update)
2012年03月20日 16時22分
質問
(Question)
チーム医療について書かれた本はあるか。看護師の視点から見たチーム医療について知りたい。
回答
(Answer)
チーム医療の語句説明は、『現代看護キーワード事典』(桐書房)『実務者のための医療・介護経営用語事典』(法研)『保険+医療+福祉の現代用語』にチーム医療の用語解説あり。
また『新人ナースハンドブック』(中央法規)『職域における保健と医療実践ハンドブック』(法研)『できるナースの実践キャリアガイド』(ぱる出版)にも、チーム医療に関連する記載があった。
回答プロセス
(Answering process)
チーム医療とは、1970年代から登場してきた概念で、医師のみが医療を行うのではなく、看護師・理学療法士・作業療法士・臨床検査技師・管理栄養士などのコ・メディカルスタッフと医師がチームとして医療サービスを行う考え方。患者の満足度向上・効率的なサービス提供の両方の観点から注目されている。

参考室の49(医療)の書架を探したところ、『現代看護キーワード事典』『実務者のための医療・介護経営用語事典』『保険+医療+福祉の現代用語』にチーム医療の用語解説があることが判明。また看護師の視点からとのことで、492.9(看護)の書架を見る。
『新人ナースハンドブック』には、チーム医療そのものについての用語解説はわずかだが、チームで看護を行うにあたっての心構えや看護師の役割などが記載されているため、これらを見ていただく。

また、ビジネス関連資料の書架にあたったところ、『職域における保健と医療実践ハンドブック』に、産業保険チームの活動という章があった。また『できるナースの実践キャリアガイド』には、チーム医療を行うにあたっての看護師の役割として看護管理やコーディネイトを挙げ、これらの技能を身に付けるために役立つ資格について述べている。参考としてこれらもお渡しし、利用者に見ていただいた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『現代看護キーワード事典』現代看護キーワード事典企画・編集委員会/編集(桐書房)
『実務者のための医療・介護経営用語事典』医療介護コーディネーター協議会/監修(法研)
『WIBA2001年版 保健+医療+福祉の現代用語』幸田 正孝/[ほか]総監修(日本医療企画)
『新人ナースハンドブック』現任教育プログラム研究会/編著(中央法規出版)
『職域における保健と医療実践ハンドブック』岡田 章/監修(法研)
『できるナースの<実践>キャリアガイド』田川 克巳/著(ぱる出版)
キーワード
(Keywords)
チーム医療
看護師
医療
ビジネス
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000099885解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決