このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000099881
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000004263
事例作成日
(Creation date)
2011/05/25登録日時
(Registration date)
2012年01月14日 02時01分更新日時
(Last update)
2012年10月10日 13時02分
質問
(Question)
江戸時代の医学者で、日本で初めて解剖に関する本を書いた山脇東洋(やまわきとうよう)と、その著作である『蔵志』(ぞうし)について書かれた本はあるか。
回答
(Answer)
『朝日日本歴史人物事典』(朝日新聞社)『日本人名大事典6 マデ-ワ』(平凡社)『日本近世人名辞典』(吉川弘文館)『講談社東洋医学大事典』(講談社)に山脇東洋の項あり。また、『医学史話』(菜根出版)『日本の医学』(至文堂)『日本史小百科 医学』(近藤出版社)にも山脇東洋に関する記載あり。

また『図録日本医事文化史料集成』第2巻・第5巻(三一書房)『図説日本医療文化史』(思文閣出版)には蔵志のカラー図版が収録されている。
回答プロセス
(Answering process)
山脇東洋(1705~1762)は江戸時代中期の医師。
『日本近世人名辞典』等によると「1754年に官許を得て日本で初めて人体解剖を観察」とあるが、『講談社東洋医学大事典』など「日本で初めて人体解剖を行った」としている資料もある。また「蔵志」は「臓志」と表記される場合もある。

参考室の281(人名辞典)の書架を探し、『朝日日本歴史人物事典』『日本人名大事典』『日本近世人名辞典』に記載があることが判明。これらを見ていただく。

また、件名「医学-歴史」で所蔵資料を検索したところ、野畑図書館で関連図書を多数所蔵していることが判明。野畑に依頼し、資料の内容を確認してもらう。
『医学史話』『日本の医学』『日本史小百科 医学』にも山脇東洋に関する記載があり、『医学史話』には付図5として蔵志のカラー原画がついている。
さらに『図録日本医事文化史料集成』第2巻には蔵志のカラー図版が多数あり、第5巻には山脇東洋の肖像画が載っている。また『図説日本医療文化史』にも東洋の肖像画と蔵志のカラー図版が収録されている。

このほか、『日本の西洋医学の生い立ち』(築地書館)『江戸の身体を開く』(作品社)にも山脇東洋についてわずかながら言及がある。また『事物はじまりの物語』(筑摩書房)には「解剖」の項があり、山脇東洋についてもふれられている。

なお、Googleで「山脇東洋 蔵志」を検索すると、茨城県古河市立古賀歴史博物館のサイトの企画展「日本の解剖ことはじめ」の一部がヒットする(参考URL1)。
こちらから蔵志の一部のカラー写真を見ることができる。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
医学  (490 9版)
参考資料
(Reference materials)
『朝日日本歴史人物事典』朝日新聞社/編(朝日新聞社)
『日本人名大事典6』(平凡社)
『日本近世人名辞典』竹内 誠/編(吉川弘文館)
『医学史話』藤野 恒三郎/著(菜根出版)
『日本の医学』石原 明/著(至文堂)
『医学』服部 敏良/著(近藤出版社)
『講談社 東洋医学大事典』大塚 恭男/[ほか]編(講談社)
『図録日本医事文化史料集成 第2巻』日本医史学会/編(三一書房)
『図録日本医事文化史料集成 第5巻』日本医史学会/編(三一書房)
『図説・日本医療文化史』宗田 一/著(思文閣出版)
キーワード
(Keywords)
山脇東洋(ヤマワキトウヨウ)
歴史
医学
江戸
解剖
蔵志(ゾウシ)
茨城県
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000099881解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決