このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000099677
提供館
(Library)
沖縄県立図書館 (2110045)管理番号
(Control number)
1000000422
事例作成日
(Creation date)
2011/11/01登録日時
(Registration date)
2012年01月13日 02時00分更新日時
(Last update)
2012年01月13日 02時00分
質問
(Question)
山口全述氏についての資料があるか。
回答
(Answer)
下記の資料を提供する。

『沖縄県史 教育4』(琉球政府  1966年)
 見開きに、山口を含む5名の第一回県費奨学生の集合写真あり。明治17年撮影。
 p724‐730 「第一回県費奨学生」
 p728に「今帰仁朝蕃の代わりに山口が県費生に選ばれ法律を専攻し、帰郷後裁判所に勤めたが惜しくも夭折した」とある。

『沖縄青年会誌 創刊号』[複製本](沖縄青年会  2002年)
 p6-8 山口の論説「法律ハ道徳上の罪人を造る源なる乎」あり。

『琉球育英史』(阿波根 朝松  琉球育英会  1965年)
 p15-17 「第一回県費留学生」
 明治17年の第一回県費奨学生(5名)の集合写真(上記資料『沖縄県史 教育4』と同じ)及び各奨学生に関する記述あり。
 山口氏については、明治17、18年頃に県費を辞退し法科を学び、東京で裁判所に奉職、その後帰県して間もなく物故したとある。

『琉球偉人伝』(仲泊 良夫  大同印刷  1974年)
 巻頭p26 第一回県費奨学生の集合写真(上記資料『沖縄県史 教育4』と同じ)掲載。
 p199-214 「農民の子謝花昇」
 p201 に、「県費奨学生だった今帰仁朝蕃が一年で帰郷したため、その代わりに那覇市出身の山口が派遣された」とある。

『謝花 昇集』(伊佐 眞一  みすず書房  1998年)
 巻頭に、明治17年の第一回県費奨学生(上記資料『沖縄県史 教育4』と同じ)、明治23年東京沖縄青年会の集合写真掲載。
 p169‐248 「謝花昇年譜」
 p209に「1899年(明治32年)6月5日、山口全述、那覇地方裁判所の書記として球陽丸で来沖、同年11月9日死去」とある。

ネット情報として
『琉文21』  http://ryubun21.net/index.php?itemid=827  (2011年10月31日現在)
 山口全述の兄、全則の子である國雄についての新報記事(1983年9月14日)を掲載。國雄は当時の東京沖縄県人会会長。山口全述の死亡記事もある。なお、この死亡記事は当館所蔵の下記の資料に掲載されている。

『琉球新報(マイクロ複製本) 明治32年9月-12月』(琉球新報社(那覇)  1889年)
 明治32年11月11日2頁に「山口全述氏の死去」として掲載。山口は那覇地方裁判所書記をしており、一昨日の11月9日に突然吐血して死亡した、とある。

回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
1 沖縄県史 教育4 琉球政府∥編 国書刊行会 1989.10 K201/052/4 728

2 沖縄青年会誌 創刊号 沖縄青年会∥編 沖縄青年会 2002.3 K379/O52/ 6-8

3 琉球育英史 阿波根 朝松∥編 琉球育英会 1965.6 K373/A21/ 15-17

4 琉球偉人伝 仲泊 良夫∥著 大同印刷 1974.12 K28/N31/ 26,199-214

5 謝花 昇集 謝花 昇∥[著] 伊佐 真一∥編・解説 みすず書房 1998.6 K08/J15/ 169-248

6 琉球新報(マイクロ複写)明治32年9-12月 琉球新報社 1899 K07/R98/
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
当館所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000099677解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!