このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000099618
提供館
(Library)
沖縄県立図書館 (2110045)管理番号
(Control number)
1000000403
事例作成日
(Creation date)
2011/11/01登録日時
(Registration date)
2012年01月13日 02時00分更新日時
(Last update)
2012年01月13日 02時00分
質問
(Question)
山原船の構造を知りたい。
回答
(Answer)
下記の資料を紹介する。

「山原船について(上)(下)」(浜村建治)『船の科学1985年5月号 第38巻 第5号 (No.439)』『船の科学1985年6月号 第38巻 第6号 (No.440)』(船舶技術協会編、1985年)
(上)で、山原船について、「明治以降沖縄地方で盛んに建造された内航用木造帆装商船」と定義している。
(下)では、山原船の構造図の他、分類、大きさ、構造と材料、艤装と塗装、帆装、運航(積荷、航路、乗組員数、耐用年数)と建造記録について説明がある。

『与那原町史』(与那原町史編集委員会、与那原町役場、1988年)
p66-121「第一節 山原船と与那原」
p115-121には、馬艦(山原船)の各部の名称を示した図面がある。他に、山原船の船頭や船造りに従事した地元の4名の話、尺寸法と荷物の積高石数の表がある。

『沖縄・与那城町のマーラン船』(与那城町海の文化資料館編、2004年)
山原船の由来、構造、交易ルートなどを図や写真資料で紹介した冊子。
p11-18に船大工が使用した道具の解説がある。また、山原船の構造を、中国と日本の船の構造と比較して、そのルーツを考察している。
p22-23には、山原船独自の改良点についての説明もある。

『論集海上の道』(国分 直一、大和書房、1978年)
p274-290「山原船」の項に、山原船の起源、交易路、構造についての解説と簡単な図面がある。

『青い海 第6巻第9号・通巻第57号』(青い海出版社、1976年)
p27-31「遥かなる山原船」に、沖縄県に唯一(当時)ある山原船「琉球丸」の写真が掲載されている。

『おきなわ今と昔』(平良 昇次郎、月刊沖縄社、1965年)
p114-115に山原船のモノクロ写真が4点ある。

※加えて、海の文化資料館(うるま市)を紹介。
連絡先:098-978-8831 メール:umi-bun@apricot.ocn.ne.jp
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
1 船の科学 1985年5月号 第38巻 第5号 (No.439) 船舶技術協会 船舶技術協会 1985.5 K55/F89/1 72-76

2 船の科学 1985年6月号 第38巻 第6号 (No.440) 船舶技術協会 船舶技術協会 1985.6 K55/F89/2 52-57

3 与那原町史 与那原町史編集委員会∥編 与那原町役場 1988.3 K23/Y82/ 66-121

4 沖縄・与那城町のマーラン船 与那城町海の文化資料館∥編集 与那城町海の文化資料館 2004.7 K55/Y82/ 11-18、22-23

5 論集海上の道 国分 直一∥編 大和書房 1978.5 K389/KO45/ 274-290

6 青い海 第6巻第9号・通巻第57号 青い海出版社∥[編] 津野 創一∥編 青い海出版社 1976.10 K05/A52/57 27-31

7 おきなわ今と昔 平良 昇次郎∥著 月刊沖縄社 1965.10 K299/TA23/ 114-115
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000099618解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決