このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000098939
提供館
(Library)
山梨県立図書館 (2110005)管理番号
(Control number)
9000006720
事例作成日
(Creation date)
2010年08月20日登録日時
(Registration date)
2011年12月24日 11時29分更新日時
(Last update)
2012年01月07日 14時53分
質問
(Question)
夏休みの課題で「ゲリラ豪雨」について調べたいが資料があるか(中学生)。
回答
(Answer)
局所的に発生する集中豪雨。積乱雲が急速に発達し、時間雨量50ミリメートルを超えるような大雨をもたらす。地球温暖化やヒートアイランド現象などが原因と言われているが、詳しいメカニズムは解明されていない。「ゲリラ豪雨」は正式な気象用語ではなく、1970年代から新聞等で使われ、2006年頃から頻繁に使われるようになった。詳細については照会資料をご覧下さい。
回答プロセス
(Answering process)
1.自館システムで「ゲリラ豪雨」を全文検索し、所蔵資料に記載を確認。
・『今さら聞けない科学の常識:かんちがいを解消する81項目(ブルーバックス)』2(朝日新聞科学グループ編 講談社 2009年)
・『地球温暖化図鑑』(布村明彦著 文溪堂 2010年)

2.『現代用語の基礎知識 2010』(自由国民社 2010年)で「ゲリラ豪雨」の項を見ると、「集中豪雨の中できわめて狭い範囲に大雨をもたらし、予測が難しい現象についてマスコミなどが2006年ごろから頻繁に使い出した用語」とあり、正式な気象用語ではないとある。

3.自館システム件名「雨」で2006年以降に出版された図書を確認すると、次のものに記述があった。
・『都市型集中豪雨はなぜ起こる?:台風でも前線でもない大雨の正体(知りたい!サイエンス)』(三上岳彦著 技術評論社 2008年)
・『地球・気象(ニューワイド学研の図鑑)』(学研 2008年)→記述は少ない。

4.気象庁のwebサイト( http://www.jma.go.jp/jma/ )を確認すると、「天気の急変から身を守るために」( http://www.jma.go.jp/jma/kishou/info/tenki_chuui.htm )lのページがあり、「局地的豪雨から身を守るために」啓発リーフレット( http://www.jma.go.jp/jma/kishou/books/kyokuchiame/index.html )の掲載がある(気象庁では「ゲリラ豪雨」という用語は使用していない)。※webサイトは2010.8.20確認。

5.オンラインデータベース「MAGAZINPLUS」で「ゲリラ豪雨」を検索し、所蔵資料を確認。
・「水害・風害から身を守れるか-気象庁でも予測は困難 頻発するゲリラ豪雨(特集 ニッポンの犯罪と災害)」(「週刊東洋経済」2010年1月16日号 p78-80)
・「防災 予想上回る被害が懸念されるゲリラ豪雨と巨大地震(特集 総予測 2009次に何が起きる? 暮らし・地域)」河田惠昭著(「週刊ダイヤモンド」2008年12月27日号 p158)→記述は少ない
・「ゲリラ豪雨予測:ウェザーニューズ、東京都、防災科学技術研究所(技術フロンティア)」(日経ビジネス」2008年10月6日号 p96-98)→予報技術について

6.過去に起こったゲリラ豪雨の被害について調べるために「山梨日日新聞縮刷版データベース」を利用。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
気象学  (451 9版)
参考資料
(Reference materials)
『今さら聞けない科学の常識:かんちがいを解消する81項目(ブルーバックス)』2(朝日新聞科学グループ編 講談社 2009年) (p56-58)
『地球温暖化図鑑』(布村明彦著 文溪堂 2010年) (6-7,p42,p47)
『現代用語の基礎知識 2010』(自由国民社 2010年) (p814,1413)
『都市型集中豪雨はなぜ起こる?:台風でも前線でもない大雨の正体(知りたい!サイエンス)』(三上岳彦著 技術評論社 2008年)
「週刊東洋経済」2010年1月16日号
 (p78-80)
気象庁のwebサイト「天気の急変から身を守るために」( http://www.jma.go.jp/jma/kishou/info/tenki_chuui.html ※2010.8.20確認)
キーワード
(Keywords)
ゲリラ豪雨
集中豪雨
局地的豪雨
気象
流行語
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
・「ゲリラ豪雨」は平成20(2008)年に、第25回「ユーキャン新語・流行語大賞」のトップ10に入っている。
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
地震・気象・災害
質問者区分
(Category of questioner)
小中学生
登録番号
(Registration number)
1000098939解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!