このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000098391
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
OSPR11070022
事例作成日
(Creation date)
2011/07/20登録日時
(Registration date)
2011年12月16日 02時05分更新日時
(Last update)
2011年12月16日 12時58分
質問
(Question)
古くから所有の俳句短冊に関して、作者・俳句の読み方が知りたい。

句:「涼しさや浪…(以下、崩し字のため解読できない)」
作者:玉屑と思われる(実際の字は屑の月部分が日となっているようです)

栗本玉屑に関して:「古典俳文学大系13」「旅する俳人(武田清市編著)」
涼しさ から:「図説俳句大歳時記(夏)」
その他 「かな墨場辞典 俳句編」「くずし字解読字典」は調査済みです。
以上の資料では該当するものがありませんでした。
回答
(Answer)
○栗本玉屑の呼び名についてについて
国立国会図書館蔵書検索で著者「栗本玉屑」で検索すると、下記資料がヒットします。
『青蘿発句集』栗本玉屑[他]. 和露文庫刊行会, 大正15. (和露文庫 ; 第3編)
書誌情報画面を開けると
「個人著者標目:栗本,玉屑 (1753-1827) クリノモト,ギョクセツ」とあります。

また、『俳句人名辞典』(常石英明/編著 金園社 1997.2)
p.105-106によると「玉屑(ぎょくせつ)」です。
以下説明文を転記します。
「通称は僧観応。別号は無夜庵。淡路島仁井村の常陸寺、普済寺、のち播州米田村の神宮寺住職を歴任した。俳諧は青蘿に師事し、のち師の後を継いで「栗の本」二世を名乗った。晩年の文政三年(一八二〇年)には、播州加古川の光念寺住職を務めた俳人。
『春の悲閑理(ひかり)』(享和三年刊)、『浦扇』、『水の月』、『みねのまつ』、『栗の本集』など、多数の編著がある。
文政九年(一八二六)八月十四日没。享年七十五歳。 」

○句について
『近世俳句大索引』(安藤英方/編 明治書院 1959)
p.495に「すずしさや 浪ひとつづつ暮れてゆく」(玉屑 題叢 夏)とありました。
注:「すずしさ」の「ず」と「ひとつづつ」の「つ」は踊り字標記

国立国会図書館 リサーチ・ナビ「和歌・俳句の検索」を参考に調査しました。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
詩歌  (911 8版)
参考資料
(Reference materials)
『俳句人名辞典』 (常石英明/編著 金園社 1997.2 )(ページ:105-106)
『近世俳句大索引』 (安藤英方/編 明治書院 1959)(ページ:495)
国立国会図書館 リサーチ・ナビ「和歌・俳句の検索」(2011.7.22現在) (ホームページ: http://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/theme-honbun-101081.php )
キーワード
(Keywords)
玉屑 俳諧 近世
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000098391解決/未解決
(Resolved / Unresolved)