このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000098370
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
OSPR11060052
事例作成日
(Creation date)
2011/06/24登録日時
(Registration date)
2011年12月16日 02時05分更新日時
(Last update)
2011年12月16日 12時58分
質問
(Question)
海外と日本の医療現場の違いについて書かれた資料を探しています。看護師と医師の関係・医療費・医療器具・現場の雰囲気などの違いが知りたいそうです。
国立国会図書館レファレンス協同データベースの医療の部分は既に確認しました。
回答
(Answer)
日本を含めそれぞれの国の医療事情について書かれた資料は数多く所蔵しています。それらの中より、日本との比較に関する記述を含んでいる資料を比較的出版年の新しいものを中心に、関連資料も併せて紹介します。

・『世界の医療事情リポート:そして日本を考える』(廣瀬輝夫/著 メディカルトリビューン 2010.6)
ヨーロッパから、アフリカ、中東、アジア、南極まで、世界各国の医療事情を、日本との比較の形で詳しく紹介。世界の代替・相補医療についてもリポートする。

・『アメリカと日本の臨床医療:これからの日本医療への提言』(北野正躬/著 慶應義塾大学出版会 2010.9)
「医療保険制度」「臓器移植」「医療過誤」「プライマリーケア医」など、話題のトピックについて日米医療の実態をつぶさに比較しながら検証。アメリカ医療の現場を見続けた臨床医が、これからの日本医療の全体像を提言する。

・『こんなにも違う日米医療』(広瀬輝夫/著 秀明出版会 2000.11)
「第8章日米医療制度の相違」に米国医療への影響や医学教育・医療費削減政策の比較などについて記述。

・『日本の医療:制度と政策』(島崎謙治/著 東京大学出版会 2011.4)
2本立ての国民皆保険、「民間」中心の医療供給システム、大病院でも直接受診できるフリーアクセスなど、日本の医療制度の構造を歴史分析と国際比較により解き明かす。

・『医療制度改革の研究:持続可能な制度の構築に向けて』(貝塚啓明/編著 中央経済社 2010.3)
第6章が「医療制度の国際比較」という内容になっています。

・『日米の医療:制度と倫理』(杉田米行/編 大阪大学出版会 2008.11)
遺伝子治療、臓器移植、HIV自宅検査などをめぐって医療現場では何が起きているのか? 新進気鋭の研究者が、共通点と相違点が交錯する日米の医療に、「制度」と「倫理」という2つの切り口でメスを入れる。

・『日米比較に学ぶ「国民主役」医療への道:セルフケアが健康を創る、医療を救う!』(町淳二/ほか編著 日本医療企画 2006.12)
医師・医療関係者が、64のテーマを挙げて、米国医療との比較などを通じて日本医療の現状と改善・改革の方向をわかりやすく解説。主な疾患の最新治療&予防法も紹介。

・『世界の統合医療:実際の取材・調査に基づいて、世界の統合医療施設の実情を紹介』(飯野由佳子/著 フレグランスジャーナル社 2008.2)
補完療法士である著者の取材・調査に基づき、英国・米国・ドイツ・日本を代表する統合医療施設の理念、施設の概要、医療・スタッフ体制、実際の療法などを詳しく紹介する。

・『アジアの医療保障制度』(井伊雅子/編 東京大学出版会 2009.3)
アジア・太平洋地域の各国の医療保障制度を概観し、公平性や効率性の視点から分析。医療保険制度のみならず、提供体制の比較を含め、日本の医療保障制度への示唆を探る。

・『空飛ぶナース』(山本ルミ/著 新潮社 2007.11)
普段は六本木“無国籍クリニック”の看護師。ひとたび連絡が来れば「エスコート・ナース」として世界各国へ。ふたつの顔を持つナースが「搬送看護師」という知られざる仕事の内実と、クリニックの珍騒動を軽妙なタッチで綴る。

以上10点紹介しました。内容的には日米比較が多く、現場の雰囲気について記述している資料は見つかりませんでした。ご了承ください。なお、冒頭にも記しましたように関連資料を含めれば数多くの資料を所蔵しています。大阪府立図書館蔵書検索画面で「件名(テーマ)」の項目に「医療〇〇」(※〇〇は地域名や国名:例「医療アジア」や「医療イギリス」など)と入力して検索していただければ大阪府立図書館の所蔵資料が検索でします。ご利用ください。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
衛生学.公衆衛生.予防医学  (498 8版)
参考資料
(Reference materials)
『世界の医療事情リポート』(廣瀬輝夫/著 メディカルトリビューン 2010.6)
『アメリカと日本の臨床医療』(北野正躬/著 慶應義塾大学出版会 2010.9)
『こんなにも違う日米医療』(広瀬輝夫/著 秀明出版会 2000.11)
『日本の医療』(島崎謙治/著 東京大学出版会 2011.4)
『医療制度改革の研究』(貝塚啓明/編著 中央経済社 2010.3)
『日米の医療』(杉田米行/編 大阪大学出版会 2008.11)
『日米比較に学ぶ「国民主役」医療への道』(町淳二/ほか編著 日本医療企画 2006.12)
『世界の統合医療』(飯野由佳子/著 フレグランスジャーナル社 2008.2)
『アジアの医療保障制度』(井伊雅子/編 東京大学出版会 2009.3)
『空飛ぶナース』(山本ルミ/著 新潮社 2007.11)
キーワード
(Keywords)
医療制度 医療事情
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000098370解決/未解決
(Resolved / Unresolved)