このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000098278
提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2011-0825
事例作成日
(Creation date)
2012/11/30登録日時
(Registration date)
2011年12月16日 02時04分更新日時
(Last update)
2013年03月11日 00時30分
質問
(Question)
近江にあった長浜(ながはま)城の所在地などのほか、その歴史を知りたい。
回答
(Answer)
『滋賀県百科事典』によりますと、所在地など城の歴史は「長浜城は現在の長浜市公園町を中心に営まれ、その中心部は豊公園となっている。一説によると長浜はその昔今浜といった一村で、1336年(延元元)京極導誉が今浜城を築いたのにはじまり、今浜氏や上坂氏が守将として居城したといわれている。浅井氏の滅亡後、小谷城へはいった羽柴秀吉は、湖岸の今浜へ築城し、今浜を長浜と改名、1575年(天正3)入城した。城は湖岸にきずかれ、その東側に城下町が経営された。1582年(天正10)清洲会議の後、秀吉は去り、柴田勝豊が入城、その後、1585年(天正13)から1590年(天正18)までは山内一豊が城主となった。1606年(慶長11)に内藤信成が修築して入城、その子信正が1615年(元和元)に去るにおよんで廃城となり、彦根築城のため建物や石垣は大部分がもちさられた。彦根城天秤櫓門や大通寺台所門などに建物が移築され、のこっている。(西川丈雄)」とあります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本の建築  (521 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 滋賀県百科事典 滋賀県百科事典刊行会∥編 大和書房 1984年 S-0300- 84 p.535

2 日本城郭大系 11 新人物往来社 1980年 S-5200- 80 p.234-235

3 滋賀県中世城郭分布調査 6 旧坂田郡の城 滋賀県教育委員会∥編集 滋賀県教育委員会 1989年 5B-5200-6

4 定本日本城郭事典 西ケ谷恭弘∥編 秋田書店 2000年 R-5218-ニ

5 近江城郭探訪 滋賀県教育委員会∥編 滋賀県文化財保護協会 2006年 S-2900- 06

6 近江の山城ベスト50を歩く 中井均∥編 サンライズ出版 2006年 S-2900- 06

7 近江坂田郡志 下巻 坂田郡役所∥編 坂田郡役所 1913年 5-2160-3
キーワード
(Keywords)
長浜城
城跡
今浜城
佐々木高氏
佐々木導誉
京極導誉
豊臣秀吉
山内一豊
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000098278解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!