このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000098218
提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2011-0794
事例作成日
(Creation date)
2011/07/27登録日時
(Registration date)
2011年12月16日 02時03分更新日時
(Last update)
2014年04月11日 10時43分
質問
(Question)
比叡山延暦寺の千日回峰行には3つの流派があるそうだが、その流派名を知りたい。また、各流派が生じた理由を知りたい。
回答
(Answer)
回峰行の流派には、大きく分けて3つの流派があります。東塔の玉泉流、西塔の正教房流、横川の回向流です。回峰行は平安時代に相応がはじめたもので、当初巡礼的に歩いていたものが、鎌倉時代末期から室町時代にかけて形態が整えられ、戦国時代には各法脈(仏法を師から弟子へと伝える系脈)が生じました。出峰場所から東塔、西塔、横川の系統に大きく分けられ、東塔の玉泉流、西塔の正教房流、横川の回向流など、三塔それぞれの流派が生じました。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
各宗  (188 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 日本仏教史辞典 今泉淑夫∥編 吉川弘文館 1999年 R-1821-イ
2 比叡山回峰行の研究 平松澄空∥著 中山書房 1982年 5-1811- 82
1 江戸時代人づくり風土記 25 石川松太郎∥[ほか]編纂 農山漁村文化協会 1996年 S-2500- 96
2 仏教における修行とその理論的根拠 日本仏教学会∥編集 平楽寺書店 1980年 5-1811- 80
3 行とは何か 藤田庄市∥著 新潮社 1997年 5-1811- 97
キーワード
(Keywords)
回峰行
延暦寺
比叡山
相応
玉泉流
正教房流
回向流
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000098218解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決