このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000097910
提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2011-0761
事例作成日
(Creation date)
2012/11/30登録日時
(Registration date)
2011年12月16日 02時00分更新日時
(Last update)
2013年03月11日 00時30分
質問
(Question)
近江にあった勝部(かつべ)城の所在地などのほか、その歴史を知りたい。
回答
(Answer)
『日本城郭大系 11』によりますと、所在地は「守山市勝部町」、創建者は「永原筑前守重頼」、形式は「館」です。城の歴史は「勝部城は、中山道守山宿の南手前の道に沿った勝部神社境内にあり、もとは栗太郡に属していた。城は明応-大永年間(一四九二-一五二八)にかけて、合戦の止むときのない時代に永原筑前守重頼が当城を築き、永原左馬允・同加賀守らが在城したということが『四目録』に記されているが、一方、「勝部神社燈籠寄進状」には、寄進人として建長四年(一二五二)の銘で、勝部刑部尉物部重文・勝部三郎・大友国光などの名がみえることから、重頼以前に勝部氏の居住があったことがわかる。しかし、燈籠は文化の頃はまだ存在しなかったことから、銘文の写しがあるだけのため、若干問題を残している。さらに、『近江輿地志略』には古城跡として勝部右近介在住と記されてもいる。そして、信長上落後は稲葉伊予守・佐久間信盛が在城したと伝えられている。」とあります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本の建築  (521 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 日本城郭大系 11 新人物往来社 1980年 S-5200- 80 p.270-271

2 滋賀県中世城郭分布調査 3 旧野洲・栗太郡の城 滋賀県教育委員会∥編 滋賀総合研究所∥編 滋賀県教育委員会 1985年 5B-5200-3

3 近江輿地志略 全 寒川辰清∥著 宇野健一∥改訂校註 弘文堂書店 1976年 S-2900-734

4 野洲郡史 上 橋川正∥編 寺田精文堂 1972年 S-2120-1

5 近江栗太郡志 巻3 栗太郡役所∥編 栗太郡役所 1926年 S-2120-3
キーワード
(Keywords)
勝部城
永原重頼
城跡
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000097910解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決