このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000097823
提供館
(Library)
町田市立中央図書館 (2310058)管理番号
(Control number)
町田-065
事例作成日
(Creation date)
2011年12月15日登録日時
(Registration date)
2011年12月15日 15時40分更新日時
(Last update)
2016年09月30日 17時05分
質問
(Question)
堀井春一郎の俳句で、鶴が乳房をつけて飛んでいるという内容の俳句作品の正式なフレーズと、その俳句が収められている句集を探している。
回答
(Answer)
これと思われる俳句に辿り着けず。

2016.9.30追記
「まぼろしの鶴は乳房を垂れて飛ぶ」
句集にはなく、『季刊俳句』中央書院 創刊号(1973年10月) 及び、『俳句研究』俳句研究社 第43巻12号(1976年12月号)に掲載されていた。
回答プロセス
(Answering process)
『現代俳句大事典』『詩歌人名事典』の堀井春一郎の項から手がかりなし。
『俳句とエロス』には目的の俳句はなし。
『現代俳句全集 第三巻』にもなし。
『鷹羽狩行の世界』には堀井春一郎による鷹羽狩行論。
『堀井春一郎全句集 曳白』 をとりよせてみる。

2016.9.30追記
国立国会図書館レファレンス協同データベース事業サポーター 寺尾氏より情報
大井恒行氏のブログ「大井恒行の日々彼是」2014年1月3日金曜日 中央書院版「季刊俳句」創刊号 昭和48(1973)年10月15日・・・にあり。
http://ooikomon.blogspot.jp/2014/01/blog-post_3.html  (2016年9月10日確認)

上記情報を元に、再調査。
『俳句研究』俳句研究社 1976年12月号 p.280~「今年の物故俳人」(昭和50年9月~昭和51年8月まで)内のp.288に「堀井春一郎」あり。そこの記述の最後に、上記俳句が掲載されていた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
詩歌  (911 9版)
参考資料
(Reference materials)
『現代俳句大事典』山下 一海ほか 三省堂 2005年
『堀井春一郎全句集 曳白』  堀井春一郎 深夜叢書社  1971年
『俳句とエロス』 復本一郎 講談社 2005年
『鷹羽狩行の世界』角川書店 角川書店 2003年
『現代俳句全集 第三巻』赤城さかえ みすず書房 1959年
中央書院, 1973年10月15日. 季刊俳句 創刊号
俳句研究社, 1976年12月. 俳句研究 第43巻12号 p.288
キーワード
(Keywords)
堀井春一郎
俳句
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000097823解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!