このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000097382
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2011-075
事例作成日
(Creation date)
2011年09月22日登録日時
(Registration date)
2011年12月02日 14時45分更新日時
(Last update)
2012年02月17日 14時15分
質問
(Question)
三田玉枝(読み不明)という書家について知りたい。
回答
(Answer)
当館所蔵資料では、三田玉枝についてより詳しい情報は見つからなかった。インターネットでは三田玉枝銘の将棋駒のオークション出品などが見受けられ、明治時代の書家である旨の記述がされているものもあるが、典拠が見つからなかった。
回答プロセス
(Answering process)
1 将棋関係図書を調査する。
『将棋駒の世界』(増山雅人著 中央公論新社 2006)
p92-93「(「第2章バラエティーに富んだ書体」の「駒の書体ライブラリー」の中に主要15種の書体の)その他の書体」に三田玉枝あり。「三田玉枝(みたぎょくし)書家名と思われる。読みは不明」とあり。王将・飛車・歩兵・との比較図版あり。
p95 三田玉枝島黄楊根杢彫り駒・永島作の図版あり。
p140漫画家永島慎二が作成したもの。

『将棋庶民史』(山本亨介著 朝日新聞社 1972)
p262「駒の銘」の項(p256~)の中に三田玉枝の名あり。「三田玉枝-書家。銘は篆書(中国の古代文字)である。」とあり。
『将棋ガイドブック 日本将棋連盟公式』(日本将棋連盟開発課編 日本将棋連盟 2003)
p22 「現在使われる書体としては、水無瀬、錦旗(中略)、三田玉枝(みたぎょくし)」とあるのみ。

2 将棋関係雑誌を調査する。
「駒の万華鏡」(『NHK将棋講座 1997年4月』 日本放送出版協会 1997)
三田玉枝島黄楊根杢盛り上げ駒・晃石作/荒川清晃所蔵の写真あり。巻菱湖と同じく、玉将と王将が異なる。

3 将棋駒と銘の関係についての参考資料
『将棋文化史』(山本亨介著 光風社 1973)
p228(「駒の銘」の項に) 「駒師は自分の好みに合せて自由に書体を選んで製作する。高級駒で「玉将」の底部にあるのが書家の銘、「王将」の底部にあるのが製作者の名前である。」

『将棋文化史』(山本亨介著 筑摩書房 1980)
p207「高級駒で「玉将」の底部に刻むのが書家の名で、「王将」の底部には駒師の名を刻むことになっている。」とあり。
p205「江戸時代の駒はすべて書き駒で、・・・彫り駒が作られるのは速くて幕末、または明治初年ごろである。」

4 インターネット情報
《天童と将棋駒》
2-5 銘の種類 の項のp24で「「三田玉枝」書家で、銘は 篆書 です。」
http://www.city.tendo.yamagata.jp/tourism/bussan/tendo-syougikoma.pdf  天童市観光物産課 2011/09/22最終確認)

《Google》をキーワード〈三田玉枝 書家〉で検索する。
《ヤフーオークション》
この出品目録には「書体は「三田玉枝(ぎょくし)」、明治期の書家の銘です。」との解説あり。ただし典拠は不明。」( http://www.tohsin31.com/21-12-6/21-12-6-13.htm  2011/09/22最終確認)

《酔棋制作駒オークション》
「三田玉枝」彫り駒の解説
「「三田玉枝」の書体については、よく知られているこの書体以外に同じく篆書の別書体があり、元が書家の字であること以外は何もわかっていません。実際の読みについても、「みたぎょくし」あるいは「みたたまえ」なのかもはっきりしません。(中略)「三田玉枝」は、篆書の表字に裏は風変わりな書体で構成されています。 上記のとおり、豊島龍山の字母紙にもある2種類の「三田玉枝」(中略)「三田玉枝」の玉将と王将。駒の書体で玉将と王将が「点のあるなし」だけでなく細部にわたって異なっているのは、「巻菱湖」と同じく珍しいほうです。」
文中にある豊島龍山の名称でも調査したが、図版以外には見あたらず。
http://8ya.net/suiki/auction/auction/a2.html  2011/09/22最終確認)

調査済み資料
『日本文化としての将棋』(尾本惠市編著 三元社 2002)
『将棋の駒はなぜ40枚か』増川宏一著 集英社 2000)
『持駒使用の謎』(木村義徳著 日本将棋連盟 2001)
『天童の将棋駒と全国遺跡出土駒』(斎藤隆一著 天童市将棋資料館 2003)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
将棋  (796 9版)
参考資料
(Reference materials)
『将棋駒の世界』(増山雅人著 中央公論新社 2006)
『将棋庶民史』(山本亨介著 朝日新聞社 1972)
『将棋ガイドブック 日本将棋連盟公式』(日本将棋連盟開発課編 日本将棋連盟 2003)
「駒の万華鏡」(『NHK将棋講座 1997年4月』 日本放送出版協会 1997)
『将棋文化史』(山本亨介著 光風社 1973)
『将棋文化史』(山本亨介著 筑摩書房 1980)
キーワード
(Keywords)
将棋
三田 玉枝
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000097382解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!