このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000096925
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2011-092
事例作成日
(Creation date)
2011年08月02日登録日時
(Registration date)
2011年11月18日 14時14分更新日時
(Last update)
2012年02月10日 10時24分
質問
(Question)
インターネット上の新聞(電子新聞)と紙媒体の新聞の比較が載っている資料を探している。
回答
(Answer)
それぞれの特徴・比較、現状及び今後の動向について書かれた資料はあるが、媒体による比較だけを取り上げている資料は見つからなかった。電子・紙媒体について論じる中で、両者の比較について触れている資料があり、以下を紹介した。

◆図書
『電子書籍の時代は本当に来るのか』(歌田明弘著 筑摩書房 2010)
p201-249「第3章「ネットは無料」の潮目が変わろうとしている?」

『2015年の電子書籍 現状と未来を読む』(野村総合研究所著 東洋経済新報社 2011)
p24-26「コラム アプリに注目が集まる新聞関連の新規サービス」

『電子出版の構図』(植村八潮著 印刷学会出版部 2010)
p121-124「新聞の将来像を誰が描くか」
p139-142「電子ペーパーがもたらす新聞「紙」メディアの将来」

『紙への挑戦電子ペーパー 情報世界を変えるメディア』(面谷信著 森北出版 2003)
p27-36「電子新聞」 インターネットから電子ペーパーに移して読む将来像を描いたもの。

◆雑誌
「有料コンテンツさらに進展 -各社が電子版を創刊-」(『新聞研究 718号』p78-80 日本新聞協会 2011.5)

「世界の新聞界の動き 35 デジタル化とソーシャルメディアの拡大」(『新聞研究 720号』p92-93 日本新聞協会 2011.7)

「特集・電子新聞が渡るルビコン川」(『Journalism 241号』p4-39 朝日新聞社 2010.6)

「特集・活字メディアが消える日 アメリカに見る新聞がなくなった社会」(『中央公論 125巻6号』p160-167 中央公論新社 2010.6)

「有料化に乗り出す日経新聞の勝算」「日経デジタル事業生みの親が説く電子版成功の条件」(『週刊東洋経済 6247号』p40-43・p44-45 東洋経済新報社 2010.2.20)

「電子ペーパー技術の発展と応用動向」(『情報管理 51巻11号』p806-813 科学技術振興機構 2009.2)

◆インターネット情報
『ニューヨークだより 2009年4月号』(IPA情報処理推進機構ニューヨーク事務所 2009.4)
「インターネットが新聞の産業構造に与える影響と最近の動向」
《IPA 情報処理推進機構》( http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/200904.pdf  2011/07/30最終確認)
回答プロセス
(Answering process)
その他、調査済み資料は以下のとおり。 
『電子出版学入門』(湯浅俊彦著 出版メディアパル 2010)
『電子書籍元年』(田代真人著 インプレスジャパン 2010)
『電子書籍の衝撃』(佐々木俊尚〔著〕 ディスカヴァー・トゥエンティワン 2010)
雑誌『新聞研究』(日本新聞協会 2010.1-6)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
出版  (023 9版)
参考資料
(Reference materials)
『電子書籍の時代は本当に来るのか』(歌田明弘著 筑摩書房 2010)
『2015年の電子書籍 現状と未来を読む』(野村総合研究所著 東洋経済新報社 2011)
『電子出版の構図』(植村八潮著 印刷学会出版部 2010)
『紙への挑戦電子ペーパー 情報世界を変えるメディア』(面谷信著 森北出版 2003)
『新聞研究 718号』(日本新聞協会 2011.5)
『新聞研究 720号』(日本新聞協会 2011.7)
『中央公論 125巻6号』(中央公論新社 2010.6)
『週刊東洋経済 6247号』(東洋経済新報社 2010.2.20)
『情報管理 51巻11号』(科学技術振興機構 2009.2)
キーワード
(Keywords)
新聞
電子資料
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000096925解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!