このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000096266
提供館
(Library)
島根県立図書館 (2110035)管理番号
(Control number)
島根参2010-12-002
事例作成日
(Creation date)
2010年12月08日登録日時
(Registration date)
2011年11月05日 14時49分更新日時
(Last update)
2011年11月08日 14時18分
質問
(Question)
中国の「米」の品種名について知りたい。 
回答
(Answer)
当館所蔵資料およびインターネット情報より以下を紹介。
資料1:日本が主に買い付けている中国の主要品種が収録してあり、「東農416」、「合江19」、「岡優12」、「津稲1187」、「武育粳3」、「秀水11」、「湘早秈13」、「汕優63・64」、「威優64」について、それぞれの来歴、品種特性、もみと玄米の写真等が見開き1ページずつカラーで紹介されている。中国以外にも、アメリカ、オーストラリア、タイの品種も紹介されている。

インターネット情報
資料2:「中国では、「東農415」(大学名略称から)、「合江19」(育成地名から)、「津稲1187」(育成の研究所名から)などがあります」との記述がある。
資料5:生産される米の8割は長粒種で、ここ数年は短粒で高品質米の生産にも力を入れているとの記述がある。
また、日本から品種改良等の専門家40名以上が、米の品種改良の日中共同研究に参加し、1993年5月に「合系(ホウシー)15号」「合系24号」「合系25号」「合系30号」が開発されたとあり、これまであった品種として「雲粳9号」の名前も挙がっている。

<2011/11/8追記>
資料3:「イネの品種もきわめて多いが、古い時代から稉(あるいは秔)と秈との区別があった」との記述はある。
資料4:「高温の地域または作期では秈稲(Indica)が、低温下では粳稲(Japonica)が栽培されている」とあるが細かな品種名についての記述はない。また、現在、中国ではハイブリッド(F₁)品種が普及しており、育成は1970年から始まり、その品種のほとんどはIndicaであるとの記述がある。
回答プロセス
(Answering process)
(1) 分類番号616.2の米・稲に関する資料に直接あたり、内容を調査。

(2) インターネットでも「米」「中国」「品種」等のキーワードで検索。

以下は、調査済資料。いずれも種類等の記述はあっても、細かな品種についての記述なし。
・『イネの絵本 そだててあそぼう』 (農山漁村文化協会,1998.4)
・『「米」で総合学習みんなで調べて育てて食べよう! 2 図解米なんでも情報』 (金の星社,2002.3)
・『米 ポプラディア情報館』 (ポプラ社,2006.3)
・『お米なんでも大百科 3 お米ってどんな植物だろう?』 (ポプラ社,2002.4)
・『米:この貴重なる食糧 世界の米生産と米貿易』 (農林統計協会,1999.8)←p101~117「各国の政策《中国》」があるが品種なし。
・『新データブック世界の米 1960年代から98年まで シリーズ世界の米を考える』 (農山漁村文化協会,1999.3)←p140~152「中国」があるが、品種なし。
・『Q&Aご飯とお米の全疑問 お米屋さんも知りたかったその正体』 (講談社,2004.10)
・『米の事典 稲作からゲノムまで』 (幸書房,2002.6)
・『お米なぜなぜ質問箱88』 (大蔵省印刷局,1997.6)
事前調査事項
(Preliminary research)
中国の米の生産量が世界一ということは調べた。
NDC
食用作物  (616 8版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 『World rice 写真で見る世界の米』 輸入食糧協議会,1998.2 (p93~113「中華人民共和国」
書庫616.2/ワ98/
)
【資料2】 〔農林水産省:消費者の部屋>こどもそうだん>外国(がいこく)の米の品種(ひんしゅ)はどんなものがあるのですか。また、わかれば名前の由来(ゆらい)などもおしえてください。〕 http://www.maff.go.jp/j/heya/kodomo_sodan/0012/01.html (最終確認2011/11/5)
【資料3】 『稲作大百科 1 第2版』 農文協/編,農山漁村文化協会,2004.3 (p188「中国の稉と秈」 616.2/イ/1 )
【資料4】 『稲学大成 第3巻 遺伝編』 松尾 孝嶺/[ほか]編,農山漁村文化協会,1990.8 (p670~671「稲作国における多収品種(中国)」 616.2/イ/3)
【資料5】 〔農業総合研究センター 水田農業試験場:[質問]中国で一番売れている米は何ですか? 中国では米の品種改良はどうやっているのですか?〕 http://agrin.jp/hp/q_and_a/china_breed.htm (最終確認2011/11/5)
キーワード
(Keywords)
イネ(稲)
オリザ・サティバ
インディカ(Indica)
ジャポニカ(Japonica)
短粒種
長粒種
中国
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000096266解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決