このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000094537
提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2011-0602
事例作成日
(Creation date)
2012/07/31登録日時
(Registration date)
2011年10月28日 02時06分更新日時
(Last update)
2013年02月18日 00時30分
質問
(Question)
高島市の水尾(みお)神社の概要を知りたい。
回答
(Answer)
『滋賀県百科事典』によりますと、概要は「高島郡高島町大字拝戸にあり、拝戸の氏神、式内社。江戸時代までは三重生神社。創建は不詳だが、奈良時代にはすでに創建されていた。祭神は水尾川(今の和田内川)をへだてて南本殿に猿田彦命(さるたひこのみこと)(河南社)、北本殿に天鈿女命(あめのうずめのみこと)(河北社)といわれたが、近代においては磐衝別命(いわつくわけのみこと)(南)と比咩神(ひめのかみ)(北)としている。磐衝別命については、『日本書紀』垂仁天皇34年の条に「磐衝別命を生む、是三尾君の始祖なり」とあり、この地を根拠とする豪族三尾君の祖神としてあつく崇拝された。近江の神社としては叙位の正史にでた最初の神社である。(中略)現在の社殿(南本殿)は9代将軍徳川家重が再建したものである。1959年(昭和34)の台風で北本殿が倒壊したので、比咩神を南本殿のむかって右側に遷座し、北本殿址には石標のみをのこす。1882年(明治15)9月郷社に列せられた。境内には神明社、八幡社、秋葉社の3社があり、鎌倉時代の石燈籠や仁治2年(1241)の銘の宝塔軸部がある。当社には徳川吉宗の奉納した神輿が現存する。(中略)嵯峨天皇の皇子で鎌倉幕府6代将軍宗尊親王の王女が尼宮となり、1280年(弘安3)この地に門跡寺院禅智院を創立してから、本社の別当を兼ね、神領、社人は禅智院の支配となった。しかし、明治維新の神仏分離によってはなれた。(河原喜久男)」とあります。なお、高島郡高島町大字拝戸は現在高島市拝戸になっています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
神社.神職  (175 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 滋賀県百科事典 滋賀県百科事典刊行会∥編 大和書房 1984年 S-0300- 84 p.692

2 式内社調査報告 12 式内社研究会∥編 皇学館大学出版部 1981年 S-1700- 81

3 社寺要覧 三宅辨造∥編 滋賀県 1923年 S-1600- 23

4 神社由緒記 三宅辨造∥編 滋賀縣内務部教育課 1921年 5-1700- 21

5 近江・若狭・越前寺院神社大事典 平凡社∥編集 平凡社 1997年 S-1600- 97 p.477

6 式内社の研究 第7巻 志賀剛∥著 雄山閣 1984年 S-1700- 84

7 滋賀県神社誌 滋賀県神社庁∥編 滋賀県神社誌編纂委員会 1987年 S-1700- 87 p.615

8 全国神社名鑑 下 三浦譲∥編 全国神社名鑑刊行会史学センタ- 1977年 RB-1703-ミ

9 日本社寺大観 神社篇 藤本 弘三郎∥編 名著刊行会 1970年 R-1759-フ

10 神社名鑑 神社本庁調査部 神社本庁 1963年 R-1759-シ
キーワード
(Keywords)
水尾神社
三重生神社
徳川家重
禅智院
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000094537解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決