このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000094497
提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2011-0688
事例作成日
(Creation date)
2012/07/31登録日時
(Registration date)
2011年10月28日 02時06分更新日時
(Last update)
2013年02月18日 00時30分
質問
(Question)
東近江市の百済寺(ひゃくさいじ)の概要を知りたい。
回答
(Answer)
『滋賀県百科事典』によりますと、概要は「愛知郡愛東町百済寺丁(てい)にある天台宗の寺で釈迦山と号する。本尊は十一面観音菩薩。同寺文書勧進帳序文によれば聖徳太子の開基で高麗僧恵慈が導師、かつ百済僧道欣が供養するとある。『日本書紀』には595年(推古3)、恵慈が渡来し翌年法興寺に入寺すとある。愛知郡は依知秦氏の繁栄した地で彼らとのかかわりが推定でき、したがって寺名はそれにちなむものかもしれない。また、『大安寺縁起』には、617年(推古25)大安寺創建、639年(舒明11)に十市郡にうつり百済大寺と改称。舒明天皇は近江国の田地を同寺に施入したが(『同寺資材帳』)、その寺領内に支寺を建立し百済寺と称したともいう。しかし1144年(天養元)百済寺は天台別院のあつかいをうけ(『東寺文書』)、1213年(建保元)無動寺領となっている(『華頂要略)』。1498年(明応7)までは、本堂、五重塔、常行堂、太子殿、五大力堂、大聖殿、愛染堂、長徳院、経蔵、三所神殿、鐘楼、楼門、廻廊などがあり最盛期をほこっていたが、この年の出火で焼失、現本堂は1650年(慶安3)の再建。絹本著色日吉山王神像(鎌倉)、金銅唐草文磬(平安)、?子(ばち)、銅鑼(鎌倉)、黒漆蒔絵函(室町)は重要文化財。(森山宣昭)」とあります。なお、愛知郡愛東町百済寺丁は現在東近江市百済寺町になっています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
寺院.僧職  (185 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 滋賀県百科事典 滋賀県百科事典刊行会∥編 大和書房 1984年 S-0300- 84 p.608

2 近江西国三十三所観音巡礼 近江西国観音霊場会∥編 冨永航平∥著 朱鷺書房 2001年 5-1800- 01

3 湖国百選 社寺 滋賀総合研究所∥編集 滋賀県 1993年 S-1600- 93 p.69

4 社寺要覧 三宅辨造∥編 滋賀県 1923年 S-1600- 23

5 近江・若狭 小学館 1991年 S-1800- 91

6 近江・若狭・越前寺院神社大事典 平凡社∥編集 平凡社 1997年 S-1600- 97 p.423-425

7 図説近江古寺紀行 木村至宏∥著 河出書房新社 1995年 5-1800- 95

8 古寺巡礼近江 6 湖東三山 百済寺 金剛輪寺 西明寺 岡部伊都子∥[ほか]著 淡交社 1980年 S-1800-6

9 全国寺院大鑑 下巻 全国寺院大鑑編纂委員会∥編集 法蔵館 1991年 R-1850-セ

10 日本名刹大事典 圭室文雄∥編 雄山閣出版 1992年 R-1859-タ
キーワード
(Keywords)
百済寺
天台宗
恵慈
道欣
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000094497解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決