このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000094488
提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2011-0679
事例作成日
(Creation date)
2012/07/31登録日時
(Registration date)
2011年10月28日 02時05分更新日時
(Last update)
2013年02月18日 00時30分
質問
(Question)
高島市の大善寺(だいぜんじ)の概要を知りたい。
回答
(Answer)
『滋賀県百科事典』によりますと、概要は「高島郡新旭町大字新庄字東町にあり、放光山大善寺と称し、天台真盛宗。本尊大日如来(木造坐像)は伝教大師作とつたえられ、重要文化財(藤原期)に指定されている。べつに伝恵心作観音立像があり、この像は口碑に旧弥勒寺の本尊であったが、堂塔が破壊し、安曇川の洪水のときひろいあげて大善寺におさめたという。(中略)大善寺の創立は延暦年間(782~806)で、最初熊野山の堂立山にあったのを寛平年間(889~98)に東河原村(現、大字新庄)の現在地にうつった。延暦寺の飛地境内の一区で当時は七堂伽藍がそなわっていたが、1571年(元亀2)織田信長に焼打ちされ衰退した。1578年(天正6)織田信澄が新庄城から大溝城へうつったとき、大溝城下に大善寺の別院を建立した。1582年(天正10)6月丹羽長秀は新庄、万木、三重生に26石余を寄進した。延宝年間(1673~81)火災にかかり諸堂什器はすべて焼失した。本尊はさいわい難をのがれた。(河原喜久男)」とあります。なお、高島郡新旭町大字新庄字東町は現在高島市新旭町新庄になっています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
寺院.僧職  (185 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 滋賀県百科事典 滋賀県百科事典刊行会∥編 大和書房 1984年 S-0300- 84 p.460

2 近江・若狭・越前寺院神社大事典 平凡社∥編集 平凡社 1997年 S-1600- 97 p.296

3 近江・若狭 小学館 1991年 S-1800- 91

4 図説近江古寺紀行 木村至宏∥著 河出書房新社 1995年 5-1800- 95

5 日本社寺大観 寺院篇 藤本 弘三郎∥編 名著刊行会 1970年 R-1859-フ

6 日本名刹大事典 圭室文雄∥編 雄山閣出版 1992年 R-1859-タ

7 全国寺院大鑑 下巻 全国寺院大鑑編纂委員会∥編集 法蔵館 1991年 R-1850-セ
キーワード
(Keywords)
大善寺
天台真盛宗
弥勒寺
織田信澄
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000094488解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!