このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000094484
提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2011-0660
事例作成日
(Creation date)
2012/07/31登録日時
(Registration date)
2011年10月28日 02時05分更新日時
(Last update)
2013年02月18日 00時30分
質問
(Question)
長浜市の浄信寺(じょうしんじ)の概要を知りたい。
回答
(Answer)
『滋賀県百科事典』によりますと、概要は「伊香郡木ノ本(きのもと)町木之本。町の中央に広大な境内をもち、通称木之本地蔵で全国的に有名である。時宗。675年(天武4)天武帝のとき、祚蓮上人が難波の浦に漂着した竜樹菩薩作の地蔵尊像を唐隔山金光寺よりうつす。寺辺に柳の大樹があり柳本山と号すという。812年(弘仁3)空海が巡錫して、地蔵本願経3巻をうつし、宝剣とともに奉納。899年(昌泰2)菅原道真が勅命を奉じ堂宇を改修し、長祈山浄信寺とあらためる。その他、木曽義仲奉賽、足利尊氏の庄田200石朱印、足利義昭も参拝しており、京極氏、浅井氏による財物寄進、羽柴秀吉みずからの奉加帳、秀頼の堂閣再興など寺歴は多い。徳川(江戸)初期に博学僧雄山が入り隆盛をきわめた。雄山は『賤ヶ岳戦記』を編し、大岩山戦蹟の中川清秀の墓修を行い、また本坊、徳勝、永寿、春湲の諸坊を完備した。今の堂宇は1739年(元文4)火災にかかり再建された。文化財、什物が多く、本尊地蔵菩薩立像、阿弥陀如来立像ほか重要文化財が多い。書院に面した庭園は、堂宇再興の奉行片桐且元(かたぎりかつもと)の指図によるとつたえられ、のち江戸時代に改築されているが、1934年(昭和9)名園として県の指定をうけた。(後略)(今井清右エ門)」とあります。なお、伊香郡木ノ本町木之本は現在長浜市木ノ本町木之本になっています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
寺院.僧職  (185 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 滋賀県百科事典 滋賀県百科事典刊行会∥編 大和書房 1984年 S-0300- 84 p.394

2 図説近江古寺紀行 木村至宏∥著 河出書房新社 1995年 5-1800- 95

3 近江・若狭 小学館 1991年 S-1800- 91

4 社寺要覧 三宅辨造∥編 滋賀県 1923年 S-1600- 23

5 湖国百選 社寺 滋賀総合研究所∥編集 滋賀県 1993年 S-1600- 93 p.97

6 近江・若狭・越前寺院神社大事典 平凡社∥編集 平凡社 1997年 S-1600- 97 p.232-233

7 日本名刹大事典 圭室文雄∥編 雄山閣出版 1992年 R-1859-タ

8 日本社寺大観 寺院篇 藤本 弘三郎∥編 名著刊行会 1970年 R-1859-フ
キーワード
(Keywords)
浄信寺
木之本地蔵
時宗
祚蓮
雄山
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000094484解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決