このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000094483
提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2011-0659
事例作成日
(Creation date)
2012/07/31登録日時
(Registration date)
2011年10月28日 02時05分更新日時
(Last update)
2013年02月18日 00時30分
質問
(Question)
大津市の聖衆来迎寺(しょうじゅらいこうじ)の概要を知りたい。
回答
(Answer)
『滋賀県百科事典』によりますと、概要は「大津市比叡辻2丁目の湖畔にある天台宗寺院。寺伝よると790年(延暦9)最澄が、この地に自刻の地蔵菩薩を本尊とした地蔵教院を建立し、衆生済度の寺としたのがはじまりという。1001年(長保3)比叡山横川の恵心僧都源信が入寺し念仏道場とした。源信が紫雲のなかに弥陀聖衆の来迎を感得して紫雲山聖衆来迎寺とあらためたとつたえる。その後の1527年(大永7)、真玄(しんげん)が中興する。真玄は近江守護六角高頼の5男高信で19歳で出家し、横川の首楞厳院(しゅりょうごんいん)で修行したのち当寺にはいり再興した。1566年(永禄9)に元応寺末寺日光寺から真雄(しんゆう)が住持として入寺。元亀の織田信長の山門焼打ちのとき真雄は、本尊・寺宝類を対岸の中主町の兵主(ひょうず)神社へうつして難をのがれている。1573年(天正元)には京都の岡崎付近にあった元応国清寺の本尊および什物を当寺にうつしている。その後も元応国清寺の堂舎の一部を当寺に移築し、円頓戒相承の元応寺道場とした。江戸時代の1631年(寛永8)以降、当時の貴重な什物類を各地で開帳、天海僧正もそれに尽力し、その開帳の成功を背景に1638年(寛永15)から堂舎の造営・修復が大々的に行われている。なお、当寺は比叡山の正倉院とよばれるほど寺宝類が豊富で、8月16日の「虫干し会」はとくに著名である。(後略)(木村至宏)」とあります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
寺院.僧職  (185 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 滋賀県百科事典 滋賀県百科事典刊行会∥編 大和書房 1984年 S-0300- 84 p.392

2 近江・若狭 小学館 1991年 S-1800- 91

3 近江路の古寺を歩く 大石真人∥著 山と渓谷社 1997年 S-1800- 97

4 図説近江古寺紀行 木村至宏∥著 河出書房新社 1995年 5-1800- 95

5 古寺巡礼近江 1 聖衆来迎寺 淡交社 1980年 S-1800-1

6 日本名刹大事典 圭室文雄∥編 雄山閣出版 1992年 R-1859-タ
キーワード
(Keywords)
聖衆来迎寺
源信
真玄
真雄
天台宗
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000094483解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!