このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000094480
提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2011-0656
事例作成日
(Creation date)
2012/07/31登録日時
(Registration date)
2011年10月28日 02時05分更新日時
(Last update)
2013年02月18日 00時30分
質問
(Question)
長浜市の石道寺(しゃくどうじ)の概要を知りたい。
回答
(Answer)
『滋賀県百科事典』によりますと、概要は「伊香郡木之本町石道に所在。真言宗豊山派。白山から伊吹山にいたる支峰に海抜923mの己高(こだかみ)山があり、麓に石道、古橋の集落がある。この地帯は白山宗教圏から仏教宗教圏に移行したところで、己高仏教圏と称されている。1441年(嘉吉元)興福寺官務牒疏によれば、石道寺のほか法華寺、観音寺、高尾寺、安楽寺と観音寺別院があり、衆徒130口と記されている。僧坊38、衆徒20口の大寺であり、縁起によると行基菩薩、泰澄、伝教が巡錫し、堂宇をあらため仏教をきざみおさめている。創立は726年(神亀3)延法上人で現在の堂宇より1km余上流の三谷川沿いにあり、山門跡、その他の広大な境内がのこっている。明治初年無住廃寺となり、大正初期に高尾寺と合併し現向山地先に単立している。本尊は平安期の十一面観音立像(重要文化財)、ほか仏像、什物がのこされている。伊香郡観音三十三所第三十三番の札所である。(後略)(今井清右エ門)」とあります。なお、伊香郡木之本町石道は現在長浜市木之本町石道になっています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
寺院.僧職  (185 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 滋賀県百科事典 滋賀県百科事典刊行会∥編 大和書房 1984年 S-0300- 84 p.377-378

2 近江西国三十三所観音巡礼 近江西国観音霊場会∥編 冨永航平∥著 朱鷺書房 2001年 5-1800- 01

3 図説近江古寺紀行 木村至宏∥著 河出書房新社 1995年 5-1800- 95

4 近江路の古寺を歩く 大石真人∥著 山と渓谷社 1997年 S-1800- 97

5 近江・若狭 小学館 1991年 S-1800- 91

6 近江・若狭・越前寺院神社大事典 平凡社∥編集 平凡社 1997年 S-1600- 97 p.215

7 日本名刹大事典 圭室文雄∥編 雄山閣出版 1992年 R-1859-タ

8 全国寺院大鑑 下巻 全国寺院大鑑編纂委員会∥編集 法蔵館 1991年 R-1850-セ
キーワード
(Keywords)
石道寺
真言宗
己高仏教圏
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000094480解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!