このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000093843
提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2011-0583
事例作成日
(Creation date)
2012/07/31登録日時
(Registration date)
2011年10月28日 02時01分更新日時
(Last update)
2013年02月18日 00時30分
質問
(Question)
大津市の天孫(てんそん)神社の概要を知りたい。
回答
(Answer)
『滋賀県百科事典』によりますと、概要は「大津市京町3丁目にある。801年(延暦20)3月桓武天皇が大津旧都に行幸のさい、湖南鎮護の神として海神(海幸彦)に関係する彦火々出見尊(ひこほほでみのみこと)(山幸彦)を勧請したことに始まるといわれる。のち伊勢屋町にうつり文明年間(1469~87)現在地に遷座。その間、1193年(建久4)近江守護佐々木(六角)定綱が社殿を造営し神供田を寄進。永禄年中(1558~70)には寺門僧侶に社領を侵略されるが、1572年(元亀3)青地氏が再興し、さらに大津城の築造にさいし当社を守護神とするなど、豊臣秀吉・京極高次の保護をえた。祭神は、彦火々出見尊のほか国常立尊(くにとこたちのみこと)、大名牟遅命(おおなむちのみこと)、帯中津日子尊(おびなかつひこのみこと)の4神。ゆえに四宮と号したともいわれる(他に異談あり)。明治初年に現在の社名にあらためられる。(樋爪 修)」とあります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
神社.神職  (175 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 滋賀県百科事典 滋賀県百科事典刊行会∥編 大和書房 1984年 S-0300- 84 p.507-508

2 滋賀県神社誌 滋賀県神社庁∥編 滋賀県神社誌編纂委員会 1987年 S-1700- 87 p.28

3 近江・若狭・越前寺院神社大事典 平凡社∥編集 平凡社 1997年 S-1600- 97 p.334-335

4 神社由緒記 三宅辨造∥編 滋賀縣内務部教育課 1921年 5-1700- 21

5 社寺要覧 三宅辨造∥編 滋賀県 1923年 S-1600- 23

6 日本社寺大観 神社篇 藤本 弘三郎∥編 名著刊行会 1970年 R-1759-フ

7 神社辞典 白井 永二∥編 東京堂出版 1979年 R-1759-シ

8 全国神社名鑑 下 三浦譲∥編 全国神社名鑑刊行会史学センタ- 1977年 RB-1703-ミ

9 神社名鑑 神社本庁調査部 神社本庁 1963年 R-1759-シ
キーワード
(Keywords)
天孫神社
佐々木定綱
六角定綱
京極高次
四宮
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000093843解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決