このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000093798
提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2011-0521
事例作成日
(Creation date)
2012/07/31登録日時
(Registration date)
2011年10月28日 02時00分更新日時
(Last update)
2013年02月18日 00時30分
質問
(Question)
大津市の石坐(いわい)神社の概要を知りたい。
回答
(Answer)
『滋賀県百科事典』によりますと、概要は「大津市西の庄にある。祭神は、天命開別命(あめみことひらかすわけのみこと)(天智天皇)・弘文天皇(大友皇子)・伊賀采女宅子媛命(いがのうねめやかこひめのみこと)・豊玉比古命(とよたまひこのみこと)・彦坐王命(ひこいますおうのみこと)・海津見神(わだつみのかみ)の6座。社名は磐座(いわくら)信仰に起源。天智朝の創建とつたえ、延喜式内社。はじめ相模(さがみ)川上流の御霊殿(ごりょうど)山上に鎮座、のち下流の西の庄村石神(いしがみ)に遷座し、1266年(文永3)現社地にうつったものとつたえる。江戸時代には、八大竜王社とよばれて水神として信仰された。御霊殿山には現在も八大竜王社がのこる。いっぽう社地の近隣には大友皇子の葬り墓との伝承もある茶臼(ちゃうす)山古墳や大友氏の氏寺という法伝寺(ほうでんじ)があり、水神信仰に大友氏の氏族信仰がくわわり発展した社とみられる。なお木造天命開別命坐像・木造伊賀采女宅子媛坐像・木造弘文天皇坐像は平安時代の神像で重要文化財。(立川 洋)」とあります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
神社.神職  (175 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 滋賀県百科事典 滋賀県百科事典刊行会∥編 大和書房 1984年 S-0300- 84 p.57-58

2 近江・若狭・越前寺院神社大事典 平凡社∥編集 平凡社 1997年 S-1600- 97 p.81-82

3 大津の社 大津市歴史博物館∥企画編集 大津市 1992年 S-1711- 92

4 式内社調査報告 12 式内社研究会∥編 皇学館大学出版部 1981年 S-1700- 81

5 式内社の研究 第7巻 志賀剛∥著 雄山閣 1984年 S-1700- 84

6 滋賀県神社誌 滋賀県神社庁∥編 滋賀県神社誌編纂委員会 1987年 S-1700- 87 p.30

7 日本社寺大観 神社篇 藤本 弘三郎∥編 名著刊行会 1970年 R-1759-フ

8 神社辞典 白井 永二∥編 東京堂出版 1979年 R-1759-シ
キーワード
(Keywords)
石坐神社
茶臼山古墳
法伝寺
八大竜王社
大友皇子
大友氏
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000093798解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!