このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000093738
提供館
(Library)
名古屋市鶴舞中央図書館 (2210001)管理番号
(Control number)
名古屋市鶴-2011-031
事例作成日
(Creation date)
2011年08月24日登録日時
(Registration date)
2011年10月27日 18時04分更新日時
(Last update)
2012年03月27日 17時42分
質問
(Question)
名古屋の方言の研究史や変遷について書かれた本があれば教えてほしい。
回答
(Answer)
都道府県別にどのような方言書目や方言論文があるか調べることができる資料として『20世紀方言研究の軌跡 文献総目録』(日本方言研究会/編 国書刊行会 2005年)があります。また、研究史や変遷の概要については下記の資料が参考になります。

・『尾張近辺を主とする近世期方言の研究』(彦坂佳宣/著 和泉書院 1997年) → 近世期前後の尾張近辺の言語状況についての研究史がまとめられています。また、近世後期を中心とする尾張地方の方言資料(資料名、年代、作者、体裁・翻刻本など)の一覧があります。

・『講座方言学 6 中部地方の方言』(国書刊行会 1983年) → 芥子川律治による「愛知県の方言」の研究史があります。

・『江戸時代の名古屋方言 (文化財叢書41)』(芥子川律治/著 名古屋市教育委員会 1966年) → 「時代的に見た名古屋方言」(江戸時代における名古屋ことばの成立変遷)と、「階層的に見た名古屋方言」(武士、上町の町人、下町の庶民)について述べられています。

・『随筆名古屋言葉辞典 なごや言葉百年史』(山田秋衛/編著 泰文堂 1961年) → 後記部分で名古屋の土着人口と外来人口の比率による方言の変化について述べられています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
方言.訛語  (818 9版)
参考資料
(Reference materials)
『20世紀方言研究の軌跡 文献総目録』 日本方言研究会/編 国書刊行会 2005年 p.116-119,676-686
『尾張近辺を主とする近世期方言の研究』 彦坂佳宣/著 和泉書院 1997年 p.4-15
『講座方言学 6 中部地方の方言』 国書刊行会 1983年 p.209-212
『江戸時代の名古屋方言 (文化財叢書41)』 芥子川律治/著 名古屋市教育委員会 1966年 p.3-31
『随筆名古屋言葉辞典 なごや言葉百年史』 山田秋衛/編著 泰文堂 1961年 p.224-234
キーワード
(Keywords)
言葉-名古屋市
名古屋ことば
名古屋言葉
名古屋弁
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000093738解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!