このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000092313
提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2010-1784
事例作成日
(Creation date)
2012/04/30登録日時
(Registration date)
2011年10月18日 02時00分更新日時
(Last update)
2012年10月26日 02時00分
質問
(Question)
佐々木秀義の読み方とその略歴を知りたい。
回答
(Answer)
『滋賀県百科事典』によりますと、読み方は「ささきひでよし」で、略歴は「1110~84、平安末期の武将。佐々木季定(すえさだ)の子、母は安倍宗任(あべむねとう)の娘。1122年(保安3)11月元服し、源三を称した。1156年(保元元)7月におこった保元の乱にさいしては源義朝・平清盛につき、つづく平治の乱(1159年)にも源義朝の郎党として参軍したが、義朝方の敗北にともない、所領佐々木庄を没収され、子孫をひきいて相模国渋谷庄司重国の家に寄寓した。のち1180年(治承4)の源頼朝挙兵にさいしては、長男定綱はじめ3人の子供らは頼朝軍に参じたが、渋谷重国が平家一党であったために頼朝軍にはしたがわなかった。1184年(元暦元)7月19日、甲賀郡油日谷に伊賀・伊勢の平家残党をむかえての合戦中に戦死。享年73歳、法号長命寺殿。7男1女があり、嫡男定綱が家督をついだ。(後略)(大谷安彦)」とあります。なお、甲賀郡油日谷は現在甲賀市甲賀町油日になっています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 滋賀県百科事典 滋賀県百科事典刊行会∥編 大和書房 1984年 S-0300- 84 p.318

2 近江源氏 第2巻 佐々木氏の系譜 田中政三∥著 弘文堂書店 1981年 S-2800-2

3 滋賀県の歴史 畑中誠治∥[ほか]著 山川出版社 1997年 S-2100- 97 p.99

4 図説滋賀県の歴史 木村至宏∥責任編集 河出書房新社 1987年 S-2100- 87 p.129-130
キーワード
(Keywords)
佐々木秀義
武将
佐々木氏
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000092313解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!