このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000092130
提供館
(Library)
島根県立図書館 (2110035)管理番号
(Control number)
島根参2011-10-001
事例作成日
(Creation date)
2011年10月09日登録日時
(Registration date)
2011年10月08日 11時53分更新日時
(Last update)
2011年11月02日 14時26分
質問
(Question)
『ターヘル・アナトミア』の解剖図が載っている資料がみたい。
回答
(Answer)
当館所蔵資料より、以下を紹介。
資料1~4:「クルムス」の項目あり。【資料2】より、
クルムス(Kulmus, Johann Adam)・・・1689-1745 ドイツの医学者。『解体新書』の原本の著者。『解体新書』の原本は、クルムスのAnatomische Tabellenの第3版をディクテン(G.Dicten)が蘭訳したもの(タイトル:Ontleedige Tafelen)だが、『ターヘルアナトミア』と俗称された。
資料5:『解体新書』の全現代語訳、『解体新書』の解剖図は多数。p234~256「<解説>『解体新書』の時代」のなかに、「原本の『ターヘル・アナトミア』は249ページ」あり、「『ターヘル・アナトミア』すなわちドイツ人クルムス原著の解剖図譜のオランダ語訳本(1734年、アムステルダム刊)」との記述あり。
資料6:クルムス解剖書(ドイツ語版)の表紙、解剖図(全身、脳・神経図)あり。
資料7:p131~135「肉眼解剖学の時代の素材の概念」で、クルムスの『解剖図表』について詳しい解説があるなか、p132「クルムスの『解剖図表』の扉」、p133「クルムスの『解剖図表』の組織の図」あり。
資料8:p238~239「図8-1 『解体新書』と Anatomische Tabellen」に、オランダ語原書Anatomische Tabellenの心臓についての記述と解剖図の掲載があり、『解体新書』の同じ部分も掲載し、比較している。p136~137「クルムス『解剖学表』」では、解説のみ。
資料9:p90~96「原書『ターヘル=アナトミア』と著者クルムス」に解説、p91「『クルムス解剖書』(オランダ語版)のタイトルページ」、p111「全身図」、p114「鼻の部分図」、p191「『クルムスの解剖書』の扉絵」あり。
資料10:p45「『ターヘル・アナトミア』のさし絵」、p47「『ターヘル・アナトミア』の扉」、p84「扉絵」あり。
資料11:慶應義塾所蔵貴重コレクションが公開されており、そのなかの「解体新書(アナトミア)」に、関連する貴重資料が17点公開されている。『ターヘル・アナトミア』の解剖図も全て見ることができる。
回答プロセス
(Answering process)
(1) インターネットで「ターヘル・アナトミア」について検索したところ、ドイツ人医師のクルムスの著書との記述があったため、参考資料の【資料1~4】で、「クルムス」と『ターヘル・アナトミア』について確認。

(2) 自館OPACで検索し、医学、解剖、杉田玄白に関する資料等に直接あたり、クルムスの解剖図の掲載がないか内容を調査。

(3) 〔リサーチ・ナビ〕 http://rnavi.ndl.go.jp/rnavi/ (最終確認2011/10/11)で、「ターヘル・アナトミア」を検索。

(参考事例・レファレンス協同データベース)
・「Kulmus "Ontleedkundige Tafelen"を見たい。(近畿大学中央図書館:20110718-1)」 http://crd.ndl.go.jp/GENERAL/servlet/detail.reference?id=1000088616 (最終確認2011/10/11)

以下の資料には、解剖図はないが、『ターヘル・アナトミア』に関する記述や解剖図以外の部分が掲載されている。
・『人物日本の歴史・日本を変えた53人 5巻 』(学研,2002:子ども281/ジ/5 ) ← p20~29「杉田玄白」の項目があり、『ターヘル・アナトミア』の表紙はあるが、解剖図なし。
・『杉田玄白 『解体新書』と新しい医学』 (ミネルヴァ書房,2010:J289.1/ス11/) ← 『ターヘル・アナトミア』の図版はないが、『解体新書』の扉絵は、『ターヘルアナトミア』ではなく『ワルエルダ解剖書』を元に描かれているといった情報あり。
・『少年伝記文庫 5 杉田玄白』(国土社,1967:書庫子ども289/12/5)  ←巻頭に扉絵、p96「ターヘル・アナトミアの原本(第27ページ)」、p100「クルムスの肖像」あり。
・『日本の名著 22 杉田玄白 平賀源内 司馬江漢』(中央公論社,1971:081/123/22) ←p103「扉絵」あり。
・『再現日本史 江戸Ⅱ 7(1771~1778) 週刊Time travel』 (講談社,2003:210.1/サ/7-7) ←p5「表紙」あり。『解体新書』の解剖図は多数あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
『ターヘル・アナトミア』は、杉田玄白の『解体新書』のもとになった、オランダの資料と聞いている。
NDC
医学  (490 8版)
基礎医学  (491 8版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 『岩波西洋人名辞典 増補版』 岩波書店編集部/編,岩波書店,1981 ※貸出禁止資料 (p468「クルムス」 R283/0005/6)
【資料2】 『科学史技術史事典』 伊東俊太郎/〔ほか〕編,弘文堂,1983 ※貸出禁止資料 (p298~299「クルムス」 R403/0033/
)
【資料3】 『日本大百科全書 第7巻』 小学館,1986 ※貸出禁止資料 (p691「クルムス」 R031/0177/7)
【資料4】 『外国人物レファレンス事典 2 古代-19世紀』 日外アソシエーツ編集部/編,日外アソシエーツ,1999.1 ※貸出禁止資料 (p731「Kulmus, Johann Adam」 R280.3/ニ/2
)
【資料5】 『解体新書 新装版 全現代語訳 講談社学術文庫』 [ヨハン・アタン・キュルムス/著] 杉田 玄白/[訳], 講談社,1998.8 (491.1/ク98/  )
【資料6】 『図説・日本医療文化史』 宗田 一/著,思文閣出版,1989.2 (p179「Ⅲ-88 クルムス解剖書(ドイツ語版)」 490.2/ソ89/)
【資料7】 『人体解剖のすべて 解剖学への招待』 坂井 建雄/著,日本実業出版社,1998.10 (p132「クルムスの『解剖図表』の扉」、p133「クルムスの『解剖図表』の組織の図」 書庫491.1/サ98/)
【資料8】 『人体観の歴史』 坂井 建雄/著,岩波書店,2008.9 (p238~239「図8-1 『解体新書』と Anatomische Tabellen」、p136~137「クルムス『解剖学表』」 491.1/サ08/)
【資料9】 『人物叢書 158 杉田玄白』 日本歴史学会/編,吉川弘文館,1971 (p90~96「原書『ターヘル=アナトミア』と著者クルムス」、p91「『クルムス解剖書』(オランダ語版)のタイトルページ」、p111「全身図」、p114「鼻の部分図」、p191「『クルムスの解剖書』の扉絵」 書庫280/31/158 )
【資料10】 『杉田玄白 蘭学のとびらを開いた一冊の書物 NHKにんげん日本史』 小西 聖一/著 酒寄 雅志/監修,理論社,2004.7 (p45「『ターヘル・アナトミア』のさし絵」、p47「『ターヘル・アナトミア』の扉」、p84「扉絵」 子ども289/ス04/)
【資料11】 〔KOARA-A(仮称): 慶應義塾所蔵貴重コレクション >信濃町メディアセンター >解体新書(アナトミア) 〕
http://koara-a.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/listitem.php?index_id=3228 (最終確認2011/10/11)
キーワード
(Keywords)
ターヘル・アナトミア
クルムス
Kulmus, Johann Adam
解体新書
杉田玄白
解剖書
解剖図表
解剖学表
解剖図譜
Ontleedkundige Tafelen
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000092130解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決