このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000091754
提供館
(Library)
山梨県立図書館 (2110005)管理番号
(Control number)
9000007307
事例作成日
(Creation date)
2011年05月03日登録日時
(Registration date)
2011年09月25日 09時53分更新日時
(Last update)
2011年09月25日 09時53分
質問
(Question)
国会議員の秘書の給与はどこから出ているのか。また、いくらくらいなのか知りたい。
回答
(Answer)
議員秘書は身分上は特別職の国家公務員であり、給与等については「国会議員の秘書の給与等に関する法律」の別表より規定されている。
回答プロセス
(Answering process)
1.『議会用語事典』(竹中治堅監修 学陽書房 2009年)→「秘書(議員秘書)」の項を見ると、公設秘書についての説明があり、議員秘書は身分上は特別職の国家公務員であり、その任命、給与等については「国会議員の秘書の給与等に関する法律」等によって規定されている。

2.自館システムで件名「国会議員」×件名「秘書」を検索し、『議員秘書の研究』(平田有史郎著 創成社 2002年)の内容を確認。

3.総務省e-Govの「法令データ提供システム」( http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxsearch.cgi )で「国会議員の秘書の給与等に関する法律」を確認。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
議会  (314 9版)
参考資料
(Reference materials)
『議会用語事典』(竹中治堅監修 学陽書房 2009年) (p328-329)
『議員秘書の研究』(平田有史郎著 創成社 2002年) (p26)
「法令データ提供システム」( http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxsearch.cgi ) (国会議員の秘書の給与等に関する法律)
キーワード
(Keywords)
国会議員
議員秘書
秘書
第一秘書
第二秘書
政策担当秘書
国家公務員
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
国会法(昭和22年4月30日法律第719号) 第132条第1項により、各議員は、議員としての職務活動を補佐する秘書を2人付ける。そのうち「国会議員の秘書の給与等に関する法律」の別表1による給料月額を受ける秘書を「第一秘書」、別表2により給料月額を受ける秘書を「第二秘書」という、また、議員は、そのほかに、主として議員の政策立案及び立法活動を補佐する「政策担当秘書」を1人付けることができる。
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
政治・行政・外交
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000091754解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!